<< 3.27 早春のオオムラサキの... ザゼンソウに想う >>

3.27 早春のオオムラサキの里を歩く

山々が霞んでいる。大好きな季節、早春だ。
風が止んだ穏やかな日曜日、私が所属する環境グループが主催して、甲府からの一般参加者と一緒に久しぶりに地元の自然遊歩道を歩いた。日野春から歩き始めて長坂へと向かう。三年前、初めて歩いた時は逆コースだった。シュンラン、ダンコウバイなどの植物に見とれながらの里山歩きが、途中から煙たなびく産廃処分場※めぐりと化してしまうのにヘキエキしたため、それを避けるコースを設定したつもりだった。

 (写真はクリックすると拡大します)

※処分場そのものへの批判ではなく、なぜわざわざ「遊歩道」の途中に建設されたのかを問うているのです。念のため。
[PR]
by mukai-message | 2005-03-28 12:52 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(0)
<< 3.27 早春のオオムラサキの... ザゼンソウに想う >>