<< 第25回大泉ふるさと祭り 4月... メールで届いたエール >>

「山梨県緑化計画ー緑のある風景の保全と創造ー」(2)

1.森林地域の緑
山梨は県土の78%が森林で、そのうち46%が県有林です。それが恩賜林(おんしりん)と呼ばれるのは、大水害の相次いだ明治末期の頃に、明治天皇から御下賜されたものだからです。それだけ聞くと「御気前よろしく」と思いますが、当時の時代背景を知ると納得します。ーー明治政府による土地の支配により、入会地への課税問題が起こりました。山を失った農民達の苦悩と軋轢は大変なもので、特に東山梨郡で起こった一揆は有名でした。
その結果荒れた山は水害の原因となり、治山治水の必要に迫られて全県の御料地が還付され、恩賜林として県の財産になったわけですが、結局、元の入会地は村には戻らなかったというお話。(2002年2月旧大泉村の頃 市民グループ・八ケ岳南麓景観を考える会主催「地元の歴史勉強会」資料)

県有林の緑は、今日まで大切に保たれてきました。しかし、残りの54%を占める民有林の将来が気がかりです。
[PR]
by mukai-message | 2005-04-12 18:02 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(2)
Commented at 2005-04-12 18:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mukai-message at 2005-04-13 13:14
コメント有難うございました。同じ考えの方がいると知るだけで励みになります。私の住んでいる周辺もこの十年でかなり変わってしまいました。リスや野鳥も減っています。道路建設や宅地開発の際にあまりに無造作に木を伐採し過ぎるのが目立ちます。民有地の場合、変化に気づくのがいつも遅ぎる。土地独特の植生や環境を大切にするにはどうしたらよいのか、いつも悩んでいるのですが…。いろいろなアイディアを多くの人が出し合うことから始めるしかないのかも。今後もどうぞコメントをお願いします。
<< 第25回大泉ふるさと祭り 4月... メールで届いたエール >>