<< 4.19 第3回地域委員会 (2) 新市の希望に輝く委員会フレッシ... >>

4.19 第3回地域委員会

(写真はクリックすると拡大します)

お花見しながら委員会に出勤とは風流でした。でも会場写真は失敗。代わりに途中で撮影した桜を載せます。昨日通った酪農試験場傍の桜並木もそうでしたが、テングス病にかかっているソメイヨシノが多いのが心配…。

■新年度・新委員・新スタート
区長会役員諸氏の新委員を迎えて自己紹介でスタートした。行政も4月の異動によるニューフェースが4人登場。商工会が4/1付で合併したため会長が地域委員会を失職し、現在委員数19名。本日の欠席委員5名。傍聴人0名。
途中4分の休憩をはさんで、中身の濃〜い2時間の審議となった。



(^o^) ここがハイライト 〜 やっぱり祭だ お祭りだ! 〜
新しい区長さん方の一番の関心事は当然のことながら祭。新市となって初の町の祭をどうするのか、昨年の資料に基づき、熱のこもった審議が行われた。以下が地域委員会としての案で、これらは、昨年をベースとする構想委員会に今月中に委ねられる。事務局は長坂総合支所地域振興課。
・名称 「名水と国蝶オオムラサキの里まつり」については継続の方向へ。
・趣旨 「環境にプラスして何かを」「さらなる発展」「手づくり」「町民を燃やすようなものを」「全国から人が
 集まるようなものを」など様々な意見が出た。最終的には、それらをまとめることが課長補佐への宿題に。
・期日 7月24日(第4日曜日)
・場所 長坂町総合スポーツ公園サッカー場
・内容 重点を子ども達の出演と皆に人気の花火に置く。子ども達が出演するプログラムについては継続。「名水元気みこし」については、各部落への補助金が出ないため区の会議で決定する。「新宿区阿波踊り」はなくなる(新宿区との交流として中学生の太鼓隊訪問は残る)。グランフィナーレの花火は、原則として寄附を仰がずに地域振興費から出す等々、昨年と比べて若干の変更はあるものの、内容としては「全町民参加型の長坂独自の祭」とする方向がはっきり打ち出された。
※「時代祭と一本化する方向も考えては」、「将来三町村合同でやるか市で一つの祭としては」との意見もあった。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*~* 準備不足、試行錯誤、地域の空白…と気のもめた地域委員会でしたが、年度が変わってみたら、実にテキパキとした運営になりました。こうなるまでには、行政および会長様の多大なるご尽力があったことと推察します。
いえ、ゴマすりではありません
m(^.^)m
                                          
[PR]
by mukai-message | 2005-04-19 18:58 | ▷地域委員会等 2005-06 | Comments(0)
<< 4.19 第3回地域委員会 (2) 新市の希望に輝く委員会フレッシ... >>