<< おくればせながらのニュース 「... 東京で復活しているという「電車... >>

緑 と 東京 と フランスと・・・

c0041095_21392959.jpg
      日頃荒れ果てた(不在地主所有の)雑木林やら、無秩序に伐採されてしまう松林
      (と「売り地」の立て札とか)に胸を痛めている私です。たまに出かける東京で、
      手入れのよい自然な庭園や並木道を歩くのが何よりの歓びとなっています。
      
      昨日かつて勤めたフランスの貿易会社のプチ同窓会のために白金の庭園美術館に
      出かけました。今回は生憎高速バスが1時間遅延したため、開催中の森と芸術展
      も庭園も(私だけが)観賞できなかったのですが、昼食時間には悠々間に合って、
      カフェで延々とおしゃべり三昧。それで、溜まった憂さが晴れた感じ(笑)。

      仲間の一人はパリからお里帰り中。もう一人はジュネーヴ在住の娘家族に勧めら
      れて311以来2回も疎開した猛者であります。ジャポンを外から見つめる視線
      の冷徹なこと……。やはり「知らぬは日本人だけなりき」なのでした。

      なんでもスイス行きの便を確保するには、当時日本から脱出する外国人が多か
      ったため困難を極め、ーー覚えていますか、複数の大使館や外資系企業があわ
      てふためいて閉鎖したり関西などに移ったりしたことを−−ノーマルチケットで
      しか可能ではなかったそうです。

      最近(二ヶ月経過してから、やっと)震災後4日目の3月15日に東京の放射線
      量が異様に高かったことが報道されていますが、国やメディアが健全に機能して
      いる国では周知の事実だったわけです。日頃ツイッターなどで情報をかなり迅速
      かつほぼ正確に得ている私ですので、椅子から転げ落ちるほどのサプライズでは
      ありませんでしたが、なんとな〜く居心地の悪い思いでした……。

      66年の歳月が経ったというのに「戦後」は清算されることなく、政官法産学メ
      +広告代理店の超巨大な壁は・・・誰のため、何のために貢献してきたのかな?

      気勢を上げるお姐様方の毒気に当りすぎないように常に5歩ほど下がって歩いて
      いた、しおたれた私でありました。 緑のプロムナードの報告おわり。
      
[PR]
by mukai-message | 2011-05-19 23:00 | ☆ここは圏外・ひとやすみ
<< おくればせながらのニュース 「... 東京で復活しているという「電車... >>