<< 東日本大震災復興支援チャリティ... ほくと次世代につなげたい思いあ... >>

職場部会の企業訪問 今回は保育園に出かけた!

c0041095_11493482.jpg
       8月23日(火)朝の北杜市を出発して甲府まで降りて行ったのは男女共同参画
      推進委員会職場部会の一行です。職場訪問は前期2008年に始めた試みで、北杜市内
      の企業を5ヶ所訪問して、その結果は2月のフォーラムで報告しました。
       今期委員会ではすでに3ヶ所訪問済み、今回が2回目となります。何故甲府かと
      いうと、山梨県で募集している「男女いきいき・輝き宣言企業」への登録が北杜市
      にはまだないため。登録済みの職場とはどのようなものか、興味津々でした。

       その日最初に訪れたのはある保育園(社会福祉法人)でした。
c0041095_1282153.jpg
       0歳から5歳までの可愛い盛りの園児たちにとっては「いいおにいちゃん」みた
      いに若々しい男性が園長さんで、一同びっくり! 「男女いきいき・輝き宣言企業
      登録への経過と効果、ワークライフバランスを可能とする人員体制の整備方法、中
      長期的な人材戦力など、どの質問にもてきぱき率直に回答されて、「さすが、登録
      されるだけあって意識が高い!」と感じた次第。

       「登録すると、職員が気にしてくれて期待感がたかまります。この制度を知らな
      い企業が多いが、『宣言』をするのが一歩踏み出すためのスタートですね」と。
       男性保育士については、「園長などのポジションを保障しないと収入面で不安が
      あり、共稼ぎが前提となる」との説明でした。

       過去の企業訪問からも分かったことは、待遇面での男女差はないとしながらも、
      実際に管理職に昇進する(またはしたがる)女性が非常に少ないことです。中に
      は折角の昇進を辞退する人もいて……と残念そうに述べた企業人もいました。
       それには様々な個人的事情があると思われますが、生活面で女性が抱えざるを
      得ない家事育児介護の負担、つまり、「女だから、家庭優先で当然」という意識
      が理由になっているとしたら残念です。すべての人が同じ働き方をする必要はな
      く、人生の様々な局面で柔軟に働き方を選べるのは良いことです。ただし、個性
      や能力ではなく性別だけを理由にして、「これこれしなければならない」と機械
      的に分けられてしまうのは、どうでしょうか? 


       東日本大震災以来、特に原子力発電所の悲惨な事故についての報道を何度も見
      ましたが、担当者、責任者には女性の姿はありませんでした。それは、電力会社
      だけに限ったことでしょうか。もっと女性が重要ポストに就いていたら、「ムラ」
      の空気も違ったものになっていたのでは……と感じています。

      さて、「女性ならではの視点」とはどのようなものでしょうか? 
      この機会に、宿題として考えてみてくださいね。emoticon-0134-bear.gif
      
   
      
[PR]
by mukai-message | 2011-08-25 12:57 | ▶男女共同参画都市宣言! | Comments(0)
<< 東日本大震災復興支援チャリティ... ほくと次世代につなげたい思いあ... >>