<< 〜6月は"男女共同参... 本日大泉地域委員会が開催されます >>

環境問題について

細胞接着分子を発見し、第21回日本国際賞 を受賞した竹市雅俊氏が生物研究者として環境問題についてこう述べています。
「外来種問題が気になる。ブラックバスの規制は腰がひけている。そもそもキャッチ・アンド・リリース(釣ったら放す)というのは自然保護の思想。スタイルだけ輸入して本質をみようとせず、生態系を破壊することに鈍感。景観破壊の問題とも共通するのだが、日本人は自分の垣根の外のことについての美意識を、もっと高めるべきだ」
[PR]
by mukai-message | 2005-05-19 10:02 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)
Commented at 2005-05-23 09:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mukai-message at 2005-05-24 16:50
水音高くてお互い声が届かない渓流越しNeighbour様
まだ寒いうちから庭仕事に励むお姿が見える度に、10年前がなつかしいな〜と郷愁を感じて来ました。あの頃の私はサンルームでバナナを、レモンを・・・などと夢見ては植木屋さんにあきれられていましたっけ(笑)
様々な経緯を経てたどり着いた「自然に対する考え」を、誰も彼もに押し付ける気持ちはありませんからご安心を。多分北杜市では、むしろ少数派の主張です。
伸び伸びになっていますが、そのうちに川音を気にせずにおしゃべりできる日が楽しみです。
追伸 林檎の木、植えますか?我が家では(勧められて)花梨にしてしまった。でもやっぱり林檎にすればよかった・・・と毎年後悔しているのですが。
<< 〜6月は"男女共同参... 本日大泉地域委員会が開催されます >>