<< 〜6月は"男女共同参... 本日大泉地域委員会が開催されます >>

環境問題について

細胞接着分子を発見し、第21回日本国際賞 を受賞した竹市雅俊氏が生物研究者として環境問題についてこう述べています。
「外来種問題が気になる。ブラックバスの規制は腰がひけている。そもそもキャッチ・アンド・リリース(釣ったら放す)というのは自然保護の思想。スタイルだけ輸入して本質をみようとせず、生態系を破壊することに鈍感。景観破壊の問題とも共通するのだが、日本人は自分の垣根の外のことについての美意識を、もっと高めるべきだ」
[PR]
by mukai-message | 2005-05-19 10:02 | ○放 射 能 汚 染
<< 〜6月は"男女共同参... 本日大泉地域委員会が開催されます >>