<< 梅雨前の森を行けば マムシグサ... 想い出の男女共同参画委員会  ... >>

6.4 講演会 戦後60年 "女性の歩みから何を学ぶか" レポート

c0041095_9221985.jpgc0041095_9223744.jpg会場は 甲府ぴゅあ総合。講師の米田佐代子さんは、元山梨県立女子短大教授。「女性史」のパイオニアとして知られています。



10歳の時に終戦を迎えたという米田佐代子さん。数々の資料および自らの家庭での経験を基にした親しみ易い内容でした。戦後の男女平等ーーそれは、私も教え込まれ、思い込んできた事柄ですが、今その成果と問題点を当時の資料等によって見直すことの意義は多いと感じました。特に憲法24条をめぐるいきさつの根の深さについては、う〜む (*_*) です。

大研修室には50人を越える参加者が集まりました。北杜市からの参加者は、行政より1名を含め数名。頑張ってますよ!「初めて参加しましたが、面白かった。若い人にもっと来てほしい」という感想も出ました。「男女共同参画」とは、その名の通り男性向けのテーマでもあることをもっと多くの人に知ってほしい (^^)/ 
_______________________________________
本の紹介 「金いろの自画像 平塚らいてう ことばの花束 」 米田佐代子編 大月書店 128頁 1200円(税別)
[PR]
by mukai-message | 2005-06-05 10:07 |  ●男女共同参画 2005-06
<< 梅雨前の森を行けば マムシグサ... 想い出の男女共同参画委員会  ... >>