<< 第4回男女共同参画策定委員会の日程 梅雨どきの森を行けば ヤマタツ... >>

6.22 北杜市男女共同参画策定委員会 確実に一歩前進す!

学習会、意見交換を柱として開催されました。(3名欠席)

□学習会、本格的にスタート
パワーポイント、プロジェクターを用いた学習会は数年前には見られなかった方式で、わかりやすくて良い。一般に理解されにくい「男女共同参画社会」という言葉を軸に、プランとは何か、プラン策定手順、策定委員会の任務とは、いつまでに何をするのか等の解説があった。県による意識調査の図表もふんだんに盛り込まれ、推進につながるような「北杜市としてのプラン策定」をしなければーーという心構えを促す導入。



□重要な項目
・男女共同参画社会基本法の骨子 5つの骨子とは以下の通り。
「男女の人権の尊重」 「社会における制度又は慣行についての配慮」 「政策等の立案及び決定への共同参画」 「家庭生活における活動と他の活動の両立」 「国際的協調」
・「男女共同参画」が画期的であるのは、日本で初めてプラン策定についても推進についても住民主体で行うこと(行政は自らの課題を持つが、主体ではなく蔭で支援する役目)。
・県が実施した(平成12年度)意識調査の結果をプラン策定用データとして活用すること。

□北杜市のプランづくへの試み(事務局より)
・委員の希望もあるので、学習会は今後、予定よりも増やしていく。
・開会、閉会のあいさつは、今後は当番を決めて、各部会のリーダーやサブリーダーが交替でするなどの取組みをする。
  *~* できるだけ多くの委員がこのような役目を担うことに賛成!「エンパワーメント=責任者として任務を執り行うための力をつけること」の実践だから。また、従来の形式重視、年齢による序列重視の北巨摩的委員会運営に風穴をあける試みともなってほしい。

⊂●⊃その他の意見(委員より)
・旧町村では、推進委員会内だけで問題が話し合われていて、外へは広がらなかった。一般の人は講演会などに興味があっても、案内がないと行けない。委員会の内容を含め、広報などを通じてもっと広く呼びかけてはどうか。
・6/20の「知事対話 こんにちは、知事です」に出席した。現在甲府と峡南にしかない「男女共同参画推進センター」が峡北にもほしい、という意見が会場から出たがどうか。
 → 委員長 市長も過剰の公共施設を有効活用することには積極的だ。委員会としては、「結果としてそれを要求できるような充実した活動をしながら、要望を出して行きたい」
   *~* 事務局さん、委員たちの熱心な気持ちを後押ししてくださいね〜!
[PR]
by mukai-message | 2005-06-23 11:56 | ▷男女共同参画 2005-06
<< 第4回男女共同参画策定委員会の日程 梅雨どきの森を行けば ヤマタツ... >>