<< 明野廃棄物最終処分場は明野だけ... 「名水と国蝶オオムラサキの里ま... >>

明野廃棄物最終処分場は明野だけの問題か? 1/2

c0041095_10323344.jpg6/24付各委員に届いた通知には、(1)市政報告会(2)講演会 とあったのみだが、6/22付の読売新聞では、山梨県が現在進行中の最終処分場候補地選定の経緯などの説明会を行う方針を固めた旨が報道されていたようだ。ーー 第1回は7月5日、明野地区の区長35人と、明野地区選出の北杜市議4人を対象。第2回が7月7日、北杜市の地域委員140人を対象、と。

このことを事前に知っていたら、他町の地域委員からも質問が出たのではないだろうか。少なくとも「明野でやれ〜」などというヤジは飛ばなかったのでは。(写真は、中央演台に県庁森林環境部長、左側前列に同部役職、県環境財団室長など数名がずらり)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この問題をめぐる経緯の情報は、口コミだけでなくインターネットの普及に伴いかなり急速に広がってきた。永い間この問題に関する活動を続けてきた方々が大勢いることを知っているので、ここでは私なりの感想を以下に述べるに止める。

実は、私が住む長坂町でも2000年秋に民間業者による中間処分場建設計画が持ち上がったことがある。その業者が他町で問題を起こした後に社名等変更した悪質業者であることを突き止め、声を上げたのは一人の環境派住民。その呼びかけに応じて立ち上がったのは日頃から町政のあり方に興味のある人々で、その多くが新住民だった。まるで長坂版プロジェクトX(ちょっと古いか)!?
限られた範囲だったが、私も反対運動に加わった者である。しかし、「なぜ地元では、行政に対し公然とした反対運動はおろか声をあげることもできないのか」「なぜ生活に係る重要なことを決める地区総会に女性の出席や発言が(慣習上)ないのか」それ以前から抱いていた数々の疑問は、今も解けていない。
メイワク施設建設問題は、民間と公共関与との差はあれ、解決へのプロセスが非常に重要だと思う。もっと時間を! もっと情報公開を!ーー山梨県においては、この種の問題が紛糾する根は「官尊民卑」と「男尊女卑」にあると思えてならない。

長坂の一件は、その年の大晦日の夜に業者が急転直下建設申請を却下(させられ)、あっけなく幕引きとなった。このことについてはいつかまた書くとして、今は話を明野に戻そう。舞台は明野だが、これは「県内初の公共関与による処分場」のこと。つまり、県民が、北杜市民が「我がこととして」関心を寄せなければ良識を疑われる問題だと思う。 ⇨ 時間切れ。また続けます。
[PR]
by mukai-message | 2005-07-09 10:50 | ▷地域委員会等 2005-06 | Comments(0)
<< 明野廃棄物最終処分場は明野だけ... 「名水と国蝶オオムラサキの里ま... >>