<< 名水と国蝶オオムラサキの里まつ... 梅雨どきの森を行けば 白いキノコ >>

7.9 聞くじゃん、言ってみるじゃん、もっと考えるじゃん 〜玉穂町合同学習会〜

c0041095_16113177.jpg拓け玉穂いきいきプラン推進委員会主催。塩山市、甲斐市、甲府市、笛吹市、南アルプス市、玉穂町と合併を控えた田富町・三珠町・豊富村、北杜市からは12名が参加。



[内 容]
・始まりの予感(トークショー)
・女と男の△ばなし(本質の学習)
 講師 向山建生(サンニチ印刷コンサルティング事業室長)
・れんげの里の▽便り(事例の紹介)
・お気軽フリートーク(交流討議)
 パネラー 県庁担当課長補佐・三珠町県推進リーダー・塩山市委員長

c0041095_16123754.jpg農業の町、玉穂。粒ぞろいだという委員さんがローズピンクのエプロンをかけて勢揃い。町長、議長、事務局ともに日頃の熱心な取組みぶりが窺えた。会場に男性の数が目立ったのも特筆すべきこと。ハイライトは、プロジェクターを用いての3部会による事例紹介。<広報・生活情報欄にシリーズで記事〜男女共同参画川柳の募集と掲載〜れんげまつりに推進委員会が出店〜モデル家庭の募集と紹介〜農家「家族経営協定」の学習・JAおよび農業委員会との連携と事例〜フォーラム開催と各部会のパフォーマンス等>
男女共同参画の推進がとかく住民から浮き上がってしまいがちなことを考えると、玉穂では、多角的に実践的な取組みがされているという印象である。
c0041095_16134895.jpg
質疑応答も活発だった。同じ県でも地域により温度差がかなりあることが感じ取れる良い機会となった。昨年9月に合併した甲斐市では、6月から委員選任作業、8月までに委嘱の予定というスローさで、3町のプランのすり合わせが大変、という声が出た。我らが北杜市は県下最多の8町村(すでに小淵沢プランも含まれている)の合併なのだが、男女共同参画に関しては実に手際がよかったことを喜んでいる。

*~* <お祭り出店、モデル家庭募集、委員によるパフォーマンス> それらの案は長坂町の一部推進委員間でもちらほら話に出たことがある。私なぞ町長・議長が女形をやる劇まで考えた!しかし、あまり本気にされなかった覚えがある。なぜだろう?
玉穂のノリのいい委員さんたちを見ていると、峡東と峡北の気質の違いを感じる。ちょっと四角四面過ぎませんか、峡北人って。
[PR]
by mukai-message | 2005-07-12 16:19 | ▷男女共同参画 2005-06
<< 名水と国蝶オオムラサキの里まつ... 梅雨どきの森を行けば 白いキノコ >>