<< リニア中央新幹線 - 3 - ... リニア中央新幹線 いよいよ大詰... >>

リニア中央新幹線 いよいよ大詰め !!? - 2 -

週刊金曜日 9.5/1006号掲載記事「リニア中央新幹線という暴挙」


▶まさのあつこ 「通過区間の人々の暮しは無視「三大都市圏のアクセス向上」が強いるこれだけの犠牲  東京、名古屋、大阪の「三大都市圏が1時間圏内」ーーリニア新幹線建設の触れ込みだ。しかし通過区間では水涸れ、残土処理など問題が山積みだ。

リニアなら40分の距離を、2日かけて尋ねるツアーに同行・取材した。

・用地取得率ゼロ(神奈川県 相模原市) ・駅予定地近くに断層群(山梨県 甲府市) ・1日1763台のダンプカー(長野県 大鹿村)

c0041095_19082701.jpg

▶樫田秀樹 環境破壊、電磁波、建設費……JR東海が問題山積みのまま「最終報告書」を提出へ  リニア計画が最終局面を迎えている。8月2日にJR東海が「最終報告書」を提出、国土交通省が認可されば秋にも建設工事の手続きに入る。しかし、市民団体はもとより、環境省からも問題を指摘される始末だ。

 ・環境相意見書の問題点  ・国費投入するつもりか  ・安倍首相とJR東海

c0041095_19083256.jpg

赤旗 9.23付 ▶橋山禮次郎「独リニア中止から学ぶ 過大な需要予測・自然破壊」 

ドイツでは、厳しい答申を出した審議会の声を無視して閣議決定がされました。それを連邦議会が、異例ともいえる「磁気浮上鉄道需要法」を特別立法で制定し、計画の確実性を多方面から検討させて、同計画の中止を決定したのです。日本においては、巨大プロジェクトさえも、許認可において欠陥をもっているため、反対派の声が充分計画に反映されず、無駄な事業が最後まで行われるケースがほとんどです。

ドイツと日本。どこが、どうして違うのか? 今からでも遅くはない。ぜひ考えてみましょう!


c0041095_10093678.jpg

c0041095_21455599.jpg

しんぶん赤旗日曜版 9.28 「過大な需要予測 国家百年の愚策」 橋山禮次郎氏  

参考 ICT甲府: 【リニア】臨時国会で審議されずに工事認可?







★動画『必要か、リニア新幹線』@日本記者クラブ  2012/10/24 公開

 http://www.youtube.com/watch?v=i-k1NQou60U 

 (橋山禮治郎 千葉商科大学大学院客員教授、アラバマ大学名誉教授)



[PR]
by mukai-message | 2014-09-30 19:52 |  ●リニア中央新幹線 | Comments(0)
<< リニア中央新幹線 - 3 - ... リニア中央新幹線 いよいよ大詰... >>