<< 「リニアと住民運動」 さまざま... <太陽光パネル> 4月22日 ... >>

いよいよ明日! 「リニア着工を許さない 沿線住民・怒りの集会」 

c0041095_2004676.jpg

  樫田秀樹さん(フリージャーナリスト)の講演が甲府で行われます。全国をこまめに歩いている樫田さんのお話で、リニア沿線の現状がよく解りますので、「リニアのことよく知らないけれど・・」とおっしゃる方も、どうぞご参加ください。
  ??日時/5月17日(日) 13時30分 〜 16時30分
  ??場所/ぴゅあ総合(男女共同参画推進センター)2階大研修室 地図
      (1) 基調講演「住民運動とリニア」(樫田秀樹氏) 「悪夢の超特急ーリニア中央新幹線」著者
      (2) コント(長野県大鹿村の住民の方々)
      (3) 沿線各地の住民の声東京から西へ)
  ??賛同団体 リニア新幹線沿線住民ネットワーク(東京〜愛知間の11団体)・ リニア中央新幹線研究
   会・ リニア新幹線沿線住民懇話会・中部横断道八ヶ岳南麓新ルート沿線住民の会
  ??主催/リニア・市民ネット山梨

⭐️参考 [エコパーク講座 南アルプスの魅力](八ヶ岳ジャーナル 第499号 2015年5月16日発行 より)
北杜市武川町で開かれた「連続講座 甲斐駒講座」(講師/山梨県立大学の輿水達司特任教授)で、輿水先生は、南アルプスの成り立ちは、ヒマラヤ山脈と類似しており、百万年前からの急激な隆起によって形成された。この隆起には、日本海の形成と伊豆半島が日本列島に衝突していることが深く関係していると話し、現在も年間に4㍉ほど上昇し、世界的にも大変珍しい山脈になっていると紹介。この特異な土地が生まれたことによって、希少な高山植物やライチョウなどが南アルプスに生息することになり、「南アルプスの科学的価値を知るには、土地の形成から始まる一連のストーリーを学ぶことが重要」と、南アルプスの成り立ちや歴史を説明した。(以下略)

⭐️参考 リニア中央新幹線への懐疑から生まれたアートです。以下、甲府で環境農園を営む 石原 "百姓"さんの作品です。題して「リニアとんちんかん線」。
c0041095_19481699.jpg

c0041095_19481932.jpg


次回は、東京でのリニア関連イベント、「南アルプスは大丈夫? 登山者の立場からリニア新幹線を考える@渋谷」。およびリニアをテーマにしたブログなどをご紹介します♪







ぴゅあ総合(山梨県男女共同参画センター)
〒400-0862 山梨県甲府市朝気1-2-2   TEL 055-235-4171 FAX 055-235-1077
中央線 甲府駅から自動車10分   身延線 金手駅から徒歩10分
E-mail:danjo-c@yamanashi-bunka.or.jp
c0041095_21293072.gif

[PR]
by mukai-message | 2015-05-16 18:15 |  ●リニア中央新幹線
<< 「リニアと住民運動」 さまざま... <太陽光パネル> 4月22日 ... >>