<< 「タウン誌・ながさか」創刊! グリーン購入フォーラムの開催(... >>

ママコノシリヌグイと知ったとき

c0041095_1424462.jpgc0041095_1425581.jpgママコとは継子。大辞林によると、「血のつながりのない子。実子でない子。仲間はずれにされる者。疎んぜられる者。のけ者」のこと。むむむ、何か身につまされてしまうなあ (T_T) 
草花には気の毒な名前を付けられたものがよくあるが、これほど名前の背景を推し量りたくなるものは少ないのではないか。学名は「トゲの密生した多くの節」を意味するそうだ。たしかに茎や葉にトゲがある。茎(写真左)のトゲは下向きで鋭い。手で掴んだだけでチクッ。これでお尻を……。想像するだけで痛い。こんなに小さく可愛らしい花なのに。

_________________________________________
ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い 別名トゲソバ) タデ科タデ属 Polygonum senticosum
[PR]
by mukai-message | 2005-08-22 14:35 | ○里山を守る・壊す | Comments(0)
<< 「タウン誌・ながさか」創刊! グリーン購入フォーラムの開催(... >>