<< 踏まれても踏まれてもめげない草・薬草 8.26 大泉地域委員会レポート >>

アートの秋すぐそこに 「三井 桂展」

c0041095_1320561.jpg三井桂さんは昭和3年長坂町で生れ、故郷を水彩で描き続けて来た画家です。2003年には画業45周年として「ふるさとの四季を描いて」展(主催長坂メセナの会)が開催されました。もの静か、穏やかなお人柄からは想像できないダイナミックな作品ばかりでした。



「北巨摩に生れ育った人にとって、この雄大な自然の魅力は当たり前過ぎて案外分からないんじゃなかろうか」と勝手に思い込んでいた私でしたが、そうではない、同じ想いで風景を見つめている方もいらっしゃるのだ! と大いに気をよくしたものです。ご本人から「田んぼもやっているんですよ」と伺ったとき、なんとなく納得しました。

 三 井 桂 展 「峡 北 の 山 と 林 と 花 な ど」
 ■日時 9月16日(金)〜9月26日(月)
   平日 午前11時〜午後6時  土日祭 午前10時〜午後6時  期間中無休  入場無料

 ■会場 北杜市長坂町 おいでやGallery(中央線長坂駅より徒歩5分) 
 ■問合せ 0551-32-1161
[PR]
by mukai-message | 2005-08-31 13:25 | ▷市民・議会・地方自治
<< 踏まれても踏まれてもめげない草・薬草 8.26 大泉地域委員会レポート >>