<< 八ケ岳南麓 十五夜です なにやらゆかし コブシの実  >>

山と川に育まれた一万年の歴史 「北杜の縄文文化」ご案内

縄文遺跡が広葉樹林の多い東日本に圧倒的に多いことを知ると、あらためて周囲の山々を見渡してしまう。開発が進み過ぎた今も、足元にはたしかにミズナラやクリやクルミの実が転がっているし、歩けばあちこちで名も無い湧水やせせらぎに出くわす。
縄文時代が一万年。大陸からやって来た稲作文化とともに弥生時代に入って今日に至るまで「たったの」二千年! 足元から頭上までの途方も無い距離を想う。
___________________________________________________________
長 坂 郷 土 資 料 館 の 第 12 回 企 画 展 で す。

「八ケ岳・茅ヶ岳・甲斐駒ケ岳と3つの山麓を含む広大な面積を誇る北杜市。・・・北杜の地で、花開いた縄文文化の香りを感じとって下さい」(チラシより)

山と川に育まれた一万年の歴史 「北 杜 の 縄 文 文 化」
会期 9月17日(土)〜 2月5日(日) 9時〜5時
会場 長坂郷土資料館(0551-32-6498)
料金 大人200円 小人100円
[PR]
by mukai-message | 2005-09-17 16:44 | ▷市民・議会・地方自治 | Comments(2)
Commented by 縄文の夢 at 2005-09-20 17:34 x
おもしろそう。子どもといっしょに行ってみたい。一万年ってどれくらい?と聞かれたらウーンですけどね。
Commented by mukai-message at 2005-09-21 11:52
縄文の夢さん  ありがとう。そのうちにお子さんの感想を聞かせてください。親子で見る縄文の夢・・・たのしいですね。
<< 八ケ岳南麓 十五夜です なにやらゆかし コブシの実  >>