<< 秋の森を行けば キノコがあちこ... 地域の建物 「おいでや」ギャラ... >>

秋分の日 こどもみこしのお通りだい!

c0041095_1541465.jpgc0041095_15415818.jpg撮影したのは3年前の今日。環境グループの仲間と「歩きたい・残したい地域の小径」をあちこちで見つけ、四季の自然・生活を歩きながら観察していた頃です。
ワッショイ、ワッショイ! 鈴の音、太鼓の音ーーたまたま「私の小径」の向こうから、可愛らしいおみこしがやって来るのを見つけた時は小躍りしました。やがて秋風にそよぐススキの前を子ども達が通り過ぎてしまうと、古い道は見たことも無いほどに空っぽになってしまいました。

この地域でも子どもたちの数が減っています。人数が少なくなっても、せめて声高く、元気いっぱいに担いでほしいーー地域の祭りです。
[PR]
by mukai-message | 2005-09-23 15:50 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(1)
Commented by brue-nile at 2005-09-23 20:32
mukaiさん、こんばんは!大正時代の家を、そのまま改修したギャラリー、素敵ですね!旧い家に一歩入った時の、優しいような懐かしいような、温かさが好きです。お祭りも子供たち中心にした、ほのぼのとした物が良いですよね!あなたもご存知のように、東京の祭りは大人中心です。確かに子供神輿や山車も在るのですが、それに興じる子供達の姿は、大人と同じで少しの無邪気さも、ほのぼの感も無く、何だか哀しいです。お祭りは自然の中で楽しむ物が本当ですが、都会はビルや商店街の中でしか出来ません。周囲の群衆に子供達は酔っているだけなのです。わたしはそれが哀しいのです。「私の小径」素晴らしい響きですね!大切に継承させて行って貰いたいです。心からそう思っています。
<< 秋の森を行けば キノコがあちこ... 地域の建物 「おいでや」ギャラ... >>