<< 川沿いの道を行けば イチイの実 (サンニチ新聞10月9日掲載文... >>

建物と敷地に自然を活かす景観づくりを

c0041095_10503538.jpg駐車場は敷地内にかなりのスペースを占めるから、環境に配慮した方法で緑化できれば、目にも優しい空間が生まれる。
私は、県の緑化対策検討委員を務めた2003年以前にも機会ある度に「(施設の駐車場緑化を含む)自然を活かしたまちづくり」のメリットについて述べたのだが、旧町では、むしろ建物・敷地の鉄骨・コンクリート化に熱心なあまり、ほとんど理解されることがなかったのが (>_<) だった。

写真は、旧大泉村時代に建設された農村活性化施設。地域の雰囲気にマッチした日本瓦の屋根、県産材を使用した内外装。そしてウッドチップを敷き詰めた駐車場。手前には、町のシンボルとなっているソバ畑。良い景観を創り出していると思う。
[PR]
by mukai-message | 2005-10-16 11:22 | ○ほくと景観まちづくり
<< 川沿いの道を行けば イチイの実 (サンニチ新聞10月9日掲載文... >>