<< 山梨県景観セミナー 〜景観法と... 建物と敷地に自然を活かす景観づくりを >>

川沿いの道を行けば イチイの実

c0041095_12484439.jpgこの木で「笏(しゃく」を作ったことから,階位一位にちなむそうだ。高山に自生するというが、私が知っているのは庭木または公園のトピアリーに用いられるイチイだけだ。
この写真も近くの小径沿いに植えられている生け垣の実。雌雄別種で春に咲く花はいずれも地味だが、この紅い実はよく目立つ。焼酎に漬けて果実酒がお薦め。ただし種子には毒があり、危険! 毎年この可愛らしい実を見かける頃になると、秋もそろそろ深まることを知る。
___________________________

イチイ(一位 別名 オンコ・アララギ) イチイ科 イチイ属  Taxus cuspidata
[PR]
by mukai-message | 2005-10-16 13:05 | ○里山を守る・壊す | Comments(1)
Commented by mukai-message at 2005-10-16 13:19
# by mukai-message | 2005-10-16 13:05 | 地域の自然と不自然 | Trackback | Comments(1)

Commented by mukai-message at 2005-10-16 13:18 x

念のため一言 笏(しゃく)とは、今でも神主さんが右手に持って使う薄い板のこと。イチイは岐阜県の県木です。飛騨地方の一位一刀彫は有名ですよね。ところで山梨県の県木は、ご存知ですか?
<< 山梨県景観セミナー 〜景観法と... 建物と敷地に自然を活かす景観づくりを >>