<< 北杜市  「環境と経済の好循環... 北杜市 新エネルギービジョン >>

秋深し 刻々と燃え上がる情熱のドウダン

c0041095_2117196.jpg山地の主に蛇紋岩地帯に自生するそうだが、野生のドウダンツツジを見たことがある人っているのだろうか……。それほど、庭や公園や墓地でよく見かける低木なのだ。

c0041095_21171585.jpg春から初夏にかけてまさに満点星状に咲く花も佳いが、やはり秋の深まる頃、日一日と紅葉していく姿が野性味を帯びて何とも魅惑的だ。写真左は10月20日、右は24日に庭で撮影。
____________________________
ドウダンツツジ (灯台躑躅) ツツジ科 ドウダンツツジ属 Enkianthus perulatus
( 参考 Enkianthus ふくらんだ花  perulatus 鱗片のある)
[PR]
by mukai-message | 2005-10-28 21:33 | ○里山を守る・壊す | Comments(2)
Commented by brue-nile at 2005-10-28 23:12
こんばんは、コメントありがとうございました。夏に八ヶ岳近辺を訪ねて時は、サラサドウダンが鈴なりで、とっても綺麗でした。紅葉の頃は別の美しさで、みんなに感動を与えるのですね!
Commented by mukai-message at 2005-11-07 12:20
野生のサラサドウダンは花も紅葉も園芸種のものと比べると地味なのだそうですね。私は見逃しているのかもしれません。注意深くさがしてみようと思っています。
<< 北杜市  「環境と経済の好循環... 北杜市 新エネルギービジョン >>