<< 北杜市1歳のお誕生日 おめでとう! 晩秋の森を行けば ウバユリの果実 >>

新しい物好きもいいけれど 携帯電話・再考

「日本では頻繁に商品の目先を変えないと売れない…」これはアメリカのある飲料メーカー社長の言葉だったと思う。このことはビール、清涼飲料だけでなくほとんどの商品に当てはまるのではないだろうか。ケータイにしてしかり。今さら「携帯電話・再考」もないだろうと思うが、今日届いたある環境メルマガ(「食品と暮らしの安全・第43号・ナノテクノロジー」)に気になるミニ記事が載っていたので紹介する。

c0041095_13341567.jpg [世 界 初 ・ 携 帯 電 話 の 電 磁 波 に よ る 脳 腫 瘍 労 災 補 償 認 め ら れ る] というものだ。携帯電話のプログラマーをしていたカリフォルニア州の女性が脳腫瘍になったことで、職場での携帯電話による電磁波暴露が脳腫瘍の原因と認める初めての労災認定の判決が出たとのこと。

携帯電話については、子どもが使用することの問題性が指摘されてきたが、大人もちょくちょく使用する人は要注意らしい。20年以上の歳月のテストを受けていないものには慎重なのが環境派。歳月かけて結果を出すまではチャレンジしたいのがサイエンス派。あなたはどちら? え〜、あと20年生きそうにないからいいって……。では、あなたのお子さんはどちら?
[PR]
by mukai-message | 2005-10-31 13:39 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)
Commented by 平成枯れすすき at 2005-10-31 17:37 x
枯れすすきでも持ってるケイタイですからね。環境なのか科学の進歩なのかって・・要するに、科学=企業の金儲け?なんだかこわーくなってきましたよ。
Commented by bemsj at 2007-01-27 15:36 x
電磁波の健康影響はこの記事だけではないですね。この記事は電磁波の因果関係を認めたというよりは、関係があるかも知れないが、働くことができなくなったという事実に重きを置いて、労災として判定した ともいえます。
<< 北杜市1歳のお誕生日 おめでとう! 晩秋の森を行けば ウバユリの果実 >>