<< オオムラサキの里山を歩けば 紅... 北杜市 「農業の振興について」 >>

川沿いの道を行けば 散っても華やかミズキの実

庭のミズキの実はとうに散ってしまったのだが、小ぶりのドウダンの枝に下がって揺れている花柄を見つけた。この赤と実の黒さの取り合わせは粋である。  参考記述 ミズキの花  

 (写真はクリックすると拡大します)
[PR]
by mukai-message | 2005-11-09 15:40 | ○里山を守る・壊す | Comments(2)
Commented by brue-nile at 2005-11-10 19:16
mukaiさん、こんばんは!凄くお洒落な色合いですね~、枝が赤珊瑚で実が黒真珠の様、まるでわたしの先日の記事ではないのですが「秋の宝石」そのものですね!自然が作る美しさに、とっても感動しております。素敵な写真を見せて下さって、ありがとうございました!
Commented by mukai-m at 2005-11-11 18:36 x
多忙にもかかわらず、いつも生き物のことを忘れないナイルさん。自然の宝石さがしとは、心豊かな趣味ですよね。雪が降って隠れてしまわないうちに、マメに歩こうっと!
<< オオムラサキの里山を歩けば 紅... 北杜市 「農業の振興について」 >>