<< 果実酒好きがじっと見つめた ガマズミ レポート 鉛筆なめなめ「北杜市... >>

11月12日〜25日 女性に対する暴力をなくす運動期間

女性に対する暴力は実に多彩である。配偶者等からの暴力、性犯罪、売買春・人身取引、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為など。これらは重大な人権侵害であることを十分に理解したい。
この運動期間中、全国各地において様々な取組みが行われる。内閣府では、国連が定めた「女性に対する暴力撤廃国際日」の11月25日(金)に「女性に対する暴力に関するシンポジウム」を開催する。(東京都千代田区:イイノホール、入場無料)。詳細はこちら

山梨県ではDV(配偶者等からの暴力)についての講演会が開かれる。
なんとなく暗いイメージのあるDV(配偶者等からの暴力)だが、もし自分の心の片隅に「夫婦げんかは犬も食わない」とか「暴力を振われるのは被害者にも原因があるのでは…」とか「子どものためにも家庭を壊さないよう我慢を」という思いがあるのなら、この機会に、そう考える自分と向き合ってみるのはどうだろう。
講演会 ドメスティックバイオレンスのない社会をめざして
日時 11月22日(火) 午後1時30分〜3時30分
場所 男女共同参画推進センターぴゅあ総合大研修室
講師 戒能 民江(かいのう たみえ)さん(お茶の水女子大学生活科学部教授・内閣府男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門小調査会メンバー等を歴任)
 ⇨ 申込み先 県男女共同参画課 055-223-1358

参考 DV民間サイト (ドメスティックバイオレンス共済会)
[PR]
by mukai-message | 2005-11-12 09:57 |  ●男女共同参画 2005-06
<< 果実酒好きがじっと見つめた ガマズミ レポート 鉛筆なめなめ「北杜市... >>