<< 竹林整備 竹を伐れば、雪が降る 『防災のまちづくり」と消防団 >>

質実剛健 花梨の実

(写真はクリックすると拡大します)
   

山梨に住むなら庭にリンゴの木を植えたかった。花も美しいし、実も楽しめるから。ところが植木屋さんに頼むと、「消毒が大変だよ、カリンにしたら」とあっさり反対されてしまって……。かなり迷った末、地元の方の意見なんだから、と従うことにした。
あれから10年。お蔭で我が家のカリンは放ったらかしだが毎年小さな桃色の花を咲かせ、すくすく大きくなっている。残念ながら実は食べられないが、カリン酒にして喉の痛い時には頼もしい存在だ。
カリンは中国原産の木。日本へは明治以前に入って来たという。明治時代に輸入されたセイヨウリンゴよりもちょっと先輩なのだ。
______________________________________
カリン(花梨) バラ科 カリン属  Chaenomeles sinensis
 ※「原色樹木大図鑑」ではカリン属、別の本にはボケ属とある。
[PR]
by mukai-message | 2005-12-03 15:33 | ○里山を守る・壊す
<< 竹林整備 竹を伐れば、雪が降る 『防災のまちづくり」と消防団 >>