<< 1月4日 仕事始め ケーテ・コルヴィッツの言葉 >>

冬来、春不遠

  (写真はクリックすると拡大します)

去年の夏から秋にかけて見つめ続けた コブシ 。枯葉の中に深々と沈んで行った あの実 はもう見当たらない。

風が吹きすさぶ冬の一日。白い花が咲く日が待ち遠しい。数十年ぶりという寒さに震えている小さな花芽がふくらみ始めるのはいつのことだろう。終日書類に読み耽るうちに正月が暮れていく。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-03 17:49 | ○里山を守る・壊す
<< 1月4日 仕事始め ケーテ・コルヴィッツの言葉 >>