<< 森の中でレジ袋に出会うとき 虫出現につき ブログ中断します >>

これでも審議? 予定調和のうちに新年度地域委員会予算決定  3/3

■長坂にとってのオオムラサキの里まつりとは?
町の行事に無関心な新住民だけでなく、お年寄りの中にも「あんな歴史のないもん!」と冷たい反応をする人がいる。しかし、「合併後の長坂には他に一丸となってやるものなど無い」というのが委員会としての見解なのだ。祭の関係者には、「業者丸投げでない手づくりの祭」を大切にしたいという思いがあることを、私も理解してはいる。
だが、一年前に拙速で決めた予算額を今年も自動継続というのは!? しかも、金額のほぼ半分を占めるのが花火だ。見解が分かれない方がおかしくないか。(その花火については、複数町村が共に持ち回りでやってはどうかという意見もちらほら出ているーーこれについては支所長から、次期地域委員会の課題になる旨の示唆があった。)

結論を言えば、新年度事業について住民から何ら提案がなく、その上ほとんどの事業担当者が「その予算案でお受け致します」とすんなりトコロテンだったために、予算額が自動継続となった点も会長の鉄の意志を支えた要素として見逃せない。創造性ゼロ、まさにお役所仕事なのだ。さて、お祭ゴー、ゴーと言っても昨年証明された通り、地域委員会自体には祭のノウハウも機動力もないから、「長坂ほど職員総出でやっている町はない」と評されつつも、今夏も「住民総参加」のオオムラサキの里まつりのために行政職員が大汗をかくことになるのだろう。お役人も辛いものですね……。

■ 第二期地域委員会のためのメイ提案
次期だって、きっと時間なんぞない。ならば委員交替と同時に、行政が事業案の「松・竹・梅」メニューを用意する。そうすれば誰が会長を務めるにせよ、もう少しましな審議になるだろう。幸運を祈ろう (^^)/

■ 昨年と比べてここが改善した、ということもある!
・いくつかの事業の担当者が「皆さん、ぜひ!」と、地域委員の参加を呼びかけたこと。それら事業の現場で、今年はより多くの委員の姿が見られるかもしれない。
・祭準備のための改善策が出されたこと。 "まつりボランティア" を広報や新聞広告で募る、出店への参加などを新規転入者に呼びかける、芸術家にも協力を呼びかけるなど。(私の案ではない、念のため)。
__________________________________________
[配布資料]長坂地域委員会予算使途総括表(案)/長坂地域委員会予算使途(案)/地域における「子どもの見守り活動」について/おじいちゃんおばあちゃん孫を見守ってください(長坂小学校から地域の長寿者のみなさんへのお願い/防犯腕章・反射防犯腕章一覧)



長坂地域委員会予算使途総括表(決定案)

1名水と国蝶オオムラサキの里まつり2006  金額 15,000,000円  実施主体 まつり実行委員会   
 事業概要 18年に亘り環境保護をテーマに町民総参加で行ってきた地域イベント。圏内はもとより県外からも数多くの人が集まる。花火は山梨の夏の幕開けを飾るものとしてことに人気がある。
 実施時期 7月23日(予定)  実施場所 総合スポーツ公園  参加人員 20,000人   
 積算内訳(単位 千円) 
 ◯会場経費 
 机いす借上 1,000/音響照明 1,000/電気水道 750/ステージ 750/看板 300/仮設トイレ 180/シャトルバス 320   計 4,300
 ◯催し物
 キャラクターショー 620/幼・小中学生の発表 200/野外絵画展 200/名水流しそうめん 100/創作オオムラサキ花火 7,000   計 8,120
 ◯事務費
 ポスターチラシ 552/警備委託 660/謝礼 200/食糧費 500/消耗品 400/その他 268   計 2,580

2 秋葉公園ほたるまつり  金額 100,000円  実施主体 まつり実行委員会       
 事業概要 ほたるの観賞スポットである秋葉公園においてほたるが舞う時期に開催される地域のまつり。毎年、県内外から多くの人がホタル観賞に訪れる。
 実施時期 6月中旬  実施場所 秋葉公園  参加人員 500人(一週間の延べ人数)    
 器材借用代 70/消耗品代 30   

3 環境監視員巡回事業  金額  1,000,000円  実施主体 環境整備課          
 事業概要 市が目指す環境創造都市の具現化策として、不法投棄等の監視はもとより、冬季物の収集、地域間道路わきの草刈り、側溝等の清掃活動を行う監視員を配置する。
 実施時期 年間  実施場所 町内  参加人員 延べ60人  
 委託費(委託先 シルバー人材センター) 552, 内訳 人件費  監視員2人×25日 10,500=525
 消耗品 草刈機の刃、ゴミ袋等 50/燃料費 草刈機等燃料 100,000/委託料 不法投棄撤去費用 298 

4 大和神楽伝承事業  金額 400,000円  実施主体 教育センター           
 事業概要 各地域で伝承されている大和神楽を伝承保存するため、その運営経費を補助し、峡北地域独自の文化を守る一助としたい。
 実施時期 年間  実施場所 8地区  参加人員 120人  
 大和神楽補助金 50,000円 8団体=400,000円  ◯対象地区 富岡、塚川、上条、下条、白井沢、大八田、柿平、中丸

5 まちおこし人材育成事業  金額  200,000円(事業費補助)  実施主体 長坂TMO              
 事業概要 中心市街地活性化事業で推進してきた事業の展開策として、まちづくりの人材を育てる研修会や講演会を企画し、よりよい人材を発掘する。
 実施時期 年間  実施場所 おいでや  参加人員 30人  

6 こども農業体験事業  金額 300,000円   実施主体 長坂ファーム組合               
 事業概要 保育園児を対象にいも掘り、ブルーベリー摘み取りなどの農業体験をファーム組合にお願いし、幼少時から収集の歓びや土への愛着心を醸成する。
 実施時期 5月〜10月  実施場所 町内4箇所  参加人員 延べ360人  
 事業費補助金 4保育園 75,000=300,000円

7 高齢者いきいき体力測定事業  金額 500,0000円  実施主体 長寿者クラブ連合会        
 事業概要 介護予防にインパクトをあたえるため、前期高齢者(65歳〜75歳)を対象に体力測定を行う。山梨大学に委託し、健康講座と実技をとおして、元気な高齢者を育てる。
 実施時期 5月〜11月  実施場所 元気百歳センター  参加人員 100人  
 事業費委託料 (山梨大学)370,000円/食糧費 30,000円/消耗品 55,000円/保健師報償費(2名)40,000円/保険料 5,000円     
 
8 防災まちづくり事業  金額 500,000  実施主体 地域振興課
 事業概要 緊急時の避難場所を日頃から認識させるため、避難場所の看板を作成し、町内26ヶ所に設置し防災意識の醸成を図る。
 実施時期 年間  実施場所 26ヶ所  参加人員 --  
 消耗品 「緊急時避難場所看板」19,230円 26枚=499,980円

9 学童安全パトロール事業  金額 900,000  実施主体 長寿者クラブ他の協力  
 事業概要 地域的に山間地で目の届かない通学路が多いことから子どもたちの登下校時の安全を確保するため高齢者を中心にできるだけ多くの地域住民に参画してもらい通学路をパトロールする。
 実施時期 年間  実施場所 町内  参加人員 200人(以上)   
 消耗品 パトロール用の帽子 2,000円 200人=400,000円/ベスト 2,000円 200人=400,000円/委嘱状、ステッカー 100,000円  

※お祭以外の事業に関しては今後別途に記述する予定です。ご質問があればお寄せください。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-15 23:18 | ▷地域委員会等 2005-06
<< 森の中でレジ袋に出会うとき 虫出現につき ブログ中断します >>