<< 万引きバックだった? マイバッ... これでも審議? 予定調和のうち... >>

森の中でレジ袋に出会うとき

c0041095_12272828.jpg風の強い日に畑に行こうものなら、あっという間に軽い持ち物が飛んでしまい、いくら探しても見つからないことがある。側溝に落ちて流れ下ってしまうこともあるのだろう。あ〜あ、それだってぽい捨てごみになってしまうぅ(>_<)。
しかし森の中は別世界だ。レジ袋でさえ木々に守られてじっとしている。捨てられれば、大地に還れないでいつまでもそこにあるのだ。

1ヶ月程前ある環境メルマガにレジ袋の使用状況、削減の可能性など興味深い記事が載っていたので、紹介する。レジ袋が普及し始めたのは、昭和50年代以降のことで、買い物袋を持ち歩く必要が無いなど、消費者への利便性の提供、集客効果、万引防止などから急速に普及したという。
  TB先 環境エンジニア拓也さんECO日記 

現在では、レジ袋不要の客にスタンプカードを発行し、スタンプが一定数になると割引してくれるスーパーがある。過剰包装で悪名高い日本だが、30年前には皆が買い物籠や袋を持参していたものだ。今では私も財布の中にスタンプカードを入れており、たまに袋を忘れた時には損したような気分になっている。
いいなと思ったことは、つとめて生活習慣に取り入れたい。楽だ、便利だ、簡単だ! ばかりを優先していると、生活習慣になっちゃうよ。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-16 12:50 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(3)
Commented by 風花 at 2006-01-16 17:02 x
一時はどこでもマイバッグ運動をやっていましたが、今では「まだポイントがもらえるの?」なんてカンジで消極化してしまいましたね。
町でもエコバッグが配られ、当時は私もマイバッグを持ち歩いていたのですが、今はあまり見かけません。
私は週に一度くらいしか買物はせず、しかも大量なのです。
まず、スーパーのカートの上下のカゴは山盛り、一度買物に出ると他にも数軒ハシゴし、家に着くと車から何度も降ろすほどの大量荷物。
マイバッグがいくつあっても足りない・・・
そうだ!
今度は車にコンテナを積んでおこう!!!
Commented by tosi at 2006-01-17 15:47 x
須玉のマイバック運動はまだ私が須玉町作り委員なる物をやっていた時に我々委員が提案して作成したものなんです。このマイバックを作るに当っての問題として住民からでた意見として多かったのが、「マイバックを持つ事により万引き犯と疑われる」と言う物でした。バックを持って店内をうろうろしているとあらぬ疑いを掛けられるのではないか?と言う物です。店側にしても、「マイバックを万引きの隠れ蓑」にされるのではないか?と言う懸念もあったようです。これらの問題は結局個人の資質の問題と言う事となり、須玉ではマイバック運動が展開されました、しかし、上記のような問題(懸念)からそれほど普及しなかったのも事実です。

 今後はこの袋をゴミとしてでは無く、有効利用できる方法を考えていかないとならないのかも知れませんね・・・(例えば地元スーパーの袋はゴミ袋として代用出来るようにするなど・・・)
Commented by MUKAI-MESSAGE at 2006-01-17 18:57
お二人からのコメントには考えさせられました。有難う。
私は生協に入っているので買い物は時々するだけですが、できるだけレジ袋はためない努力をしています。かなり前から、東京では炭酸カルシウム入りのレジ袋はゴミ袋として使えるようになっていますので、北杜市でもぜひそうしてほしいですよね。
<< 万引きバックだった? マイバッ... これでも審議? 予定調和のうち... >>