<< 東京都への抗議 3日で1808... 冬の庭 暖かく誘うナツツバキの実 >>

1月は道祖神にもの想うころ

(写真はクリックすると拡大します)
    

山梨では、どこの地域でも古色蒼然とした石碑、石造物、道祖神をよく見かける。民間信仰からは庶民の暮しぶりが窺えるので、興味深い。この道祖神は近くのバス停の横にあるものだが、小正月の頃には繭玉が飾られて華やぐ。一月は、地域の人々が守り伝えて来た風習について考えてみたくなる季節である。ところで、道祖神はしばしば男女神さんであることを知っていましたか。
  参考サイト 山梨の道祖神とどんど焼き行事  

先日のこと、道祖神の前で「そう言えば、去年の今頃このブログを始めたんだっけ」と気づいた。早いものですね。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-28 11:35 | ○里山を守る・壊す
<< 東京都への抗議 3日で1808... 冬の庭 暖かく誘うナツツバキの実 >>