<< 道から自然景観を考える シーニ... 道の景観を考える 風景を壊すも... >>

道から自然景観を考える シーニックバイウェイとエコロード

(写真はクリックすると拡大します)   昨日の夕方のこと、ニュースを見ようと早めにテレビをつけたら、「シーニックなんとか」という耳慣れない言葉が流れてきた。夕方5時からのBSフォーラム「道から始める地域作り」というパネルディスカッションを中心とした番組である。残念ながら最後の10分ほどしか見られなかったのだが、シーニックバイウェイ(シーニック scenic は景色の、バイウェイ byway は脇道・横道)とは、アメリカで13年前から新しい観光施策としてスタートしたもので、国内では昨年度から北海道で試みが始まったばかり。今、全国的に注目されている国のプロジェクトという。
 
この番組の最後の10分を見ただけで偉そうなことは言えないが、印象に残ったことが二つある。まず千利休の言葉! 茶庭づくりについての「渡り六分に 景4分」を引いて、その精神をこれからは活かしたいのだとか。(もっともらしいのだけれど、あの高度成長の時代にシンクロして成長した者としては、えー、本気ぃ? と耳を疑うのだ (*.*)。) それと、番組の最後に入った「国は、シーニック・バイウェイの名称を日本風景街道と決定しました」というテロップ。そうか、にっぽん風景街道か! とこれには妙に感心してしまった。佳いではないか、街道って言葉が。お江戸日本橋を起点とする街道の数々を思い出すではないかーーそこでまた思い出した、日本橋と言えばさぁ(>_<) 。ま、キリがないからこれはまた別の機会にね。(でもォ、ホントのところ、街道って幹線道路だから byway じゃなくって highway じゃないの?)

さて、一晩明けてふと眼に付いたのが、我が本棚に並んでいたこの本「エコロード」である。旧称シーニックバイウェイとこれと地域とどんな関係があるかと言うとーーおっと話が長くなりそうなので、今日はここまでといたしまする。では、また明日。ご機嫌よう!
[PR]
by mukai-message | 2006-02-05 16:25 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(5)
Commented by オンブズおじさん at 2006-02-05 22:38 x
おっとっと! mukai-mさん、この件慎重に願います。たしか昔、川の運動してましたよね。旧建設省の体質、よくご存知のはず。国交省と呼び方変わっても、その中身はどうですかね。
農水省だって、建設省に負けじと広域農道というバイパスづくりに励んできたこと、忘れるべからず。
小ギレイな名前つけて、つくるものは相変わらずの税金喰らう金太郎アメ式ハードばかりじゃ情けない、要注意でっせ。
Commented by 欧風カレー at 2006-02-06 09:49 x
ヨーロッパを車で旅行すると高速、一般道どこでも半端じゃない緑が多いですね。住宅街にも立派な並木があったり。日本はドイツから道路建設を学んだのでしょうが、自然については邪魔者扱いして、そのツケが子孫である私達世代にまわってきているのでしょうか。
Commented by 考える人 at 2006-02-06 14:43 x
北巨摩に来て驚いたのは、住民が木をたやすく切ってしまうことです。三分一公園にあった桜も消えました。「また植えりゃいいさ」という言葉を聞いて、ええ?でした。大木になるまで何十年。生きているうちにはもう見られないというのに。
道路を通すためにも随分木が切られ、切りっ放しです。あちこちに並木路を増やしてほしいです。
でも車社会、温暖化防止に冷淡、使い捨てーーそんなアメリカから学ぶのは慎重に、と私も思いますが・・・。
Commented by mukai-message at 2006-02-06 22:24
いつも有難う オンブズさん 考える人さん
自然との付き合いはなかなか丸くおさまりませんね。人間に利害が生じると、自然が自然でなくなってしまうのがなんとも哀しい〜。

考える人さん 友人がドイツに住んでいた頃、庭木一本切るのにも市役所の許可がいる・・とぼやいていたのを思い出しました。「自然」があまりにも豊かな国ほど鈍感になるのでしょうか。
Commented by mukai-message at 2006-02-06 22:29
初コメント有難うございます 欧風カレーさん
日本初めての高速道路は名神ですが、緑のミの字もない殺風景な道路として、後年本場のお手本とよく比較されたのです。今は時代もちがってきていると思うのですが。
<< 道から自然景観を考える シーニ... 道の景観を考える 風景を壊すも... >>