<< 緊急! 富士見町で2月9日に町... 道から自然景観を考える シーニ... >>

道から自然景観を考える シーニックバイウェイとエコロード 3. 

(写真はクリックすると拡大します)   
実は「エコロード」 は、北杜市が北巨摩郡だった頃、8年前に発足した市民グループ 緑のネットワーク21 の所蔵資料である。以下、本をゲットするまでのプロローグをひとくさり。  

緑といえば環境。活動の主なテーマは、自動車道路建設の推進ではなく、むしろ「歩けるまちづくり」なんてご大層なことでもなく、歩いて自然環境を観察することだった。とは言っても、みな常日頃からクルマで移動することが多いのが現実だ。4年ほど前、そんなことを話し合ううちに、誰かが「じゃ、みんなで歩いてみようよ」と言い出した。各自が親しんでいる身近な生活道路や散歩道、つまり地域の小径をみんなで歩こう、自然観察だけでなく農村の暮しについて知り、ついでにゴミ拾いも、という企画が持ち上がったのだ。

まずは長坂町からスタート。小径さがしの第1回目は5月のよく晴れた日だった。松ぼっくりハウス(写真)を目標に歩いたのだが、あの日のことは今でもよく話題になる。歩き始めてすぐ、反対側から来た野球帽のおじさんが挨拶した途端にこう言ったのだ。「なにしてるだよ、へぇー、ただ歩いてるって? 昼間っからいいご身分だね」「え、いいご身分?」とぽかん (?_?) としていると、地元生れの一人が可笑しそうに言った。「ふつうは用事もなしにただ歩くなんてことしないのよね」

[教訓] リュック背負って喜々として歩いている人を見かければ、それは別荘人か観光客。農村では朝から暗くなるまでせっせと働くことが美徳であり、ふらふら歩くなんて暇人(か怪しい者?)のすることである! (ただし、その後、"元気老人めざしてウォーキングのすすめ" とか行政が言い出してからは少々変わってきているようだが。)
それだけではない。公共交通が少ない地方では、どうしても自動車に頼りがちになる。そしてそれはクセになる。今では東京に出かける度に、都会にいる方がはるかに歩く量が多いと感じるほどだ。目に入らないから気づかないが、地域の寝たきり老人の数は想像以上に多いという。犬でも飼わない限りあまり歩かなくなってしまうーーそれが田舎暮らしの落とし穴(?)かもしれない。

あの日、道ばたで予期せぬ文化ショックを受けはしたものの、それをバネとして私たちはがんばって一年間歩くことを堅く心に誓った。そこにはかすかな期待もあったのだ。何処に行っても歩いている人がこんなに少ないんだから、知られざるイイコトだってあるんじゃないの、と。

さて、思い出話が長くなってしまいました。肝心の「エコロード」については、また明日ということにいたします。それでは、ご機嫌よう! (^^)/
[PR]
by mukai-message | 2006-02-07 17:47 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(14)
Commented by tosi at 2006-02-07 18:55 x
田舎では「ちょっとそこまで」でも車・・・夏は暑いから車、冬は寒いから車、雨が降ったら子供を学校まで車で送る、だから、雨の日は渋滞がひどくなる・・・

 用事も無いのにふらふら歩いてると、正に「変人」扱い・・・
それでも最近はそうでもなくなってきましたけど・・・

 車に関しては・・・私もすぐ車だから・・・・
 
Commented by 考える人 at 2006-02-08 08:23 x
私も引っ越して来た当時より歩かなくなりましたね。寒い冬には犬の散歩も大急ぎ! 田舎に住んで寝たきりに、とはうれしくない老後かもしれません。対策を考えなくては・・・。
Commented by 風花 at 2006-02-08 13:34 x
こちらへ来てから歩く人をほとんど見かけないことに驚きました。
歩道は何の為にあるの?と思っていたら、雪の日の除雪後には歩道が雪の山でした。
どこへ行っても車で横付け。
都会は車で出かけても駐車場が遠かったりして、かなり歩きますからねぇ。
すっかり運動不足です(^^;

10月のエントリーですが、まつぼっくりハウスTBします♪
Commented by mukai-message at 2006-02-08 13:52
tosiさん いったん楽すると、それに頼ってしまう。歩ける距離なのに歩くのが面倒になる。ポストに行くのでもついバイクに乗ってしまう自分を反省しています!
Commented by mukai-message at 2006-02-08 13:54
考える人さん 老いは足から始まるとか言いますよね。こわいで〜す。歩くための対策が見つかったら教えてくださいね。
Commented by mukai-message at 2006-02-08 13:59
風花さん 松ぼっくりハウスのTBありがとう。あの周辺の感じがよく出ていますね。あそこは、よく歩いたものなんですよ。でもーー最近は、なるべく歩くのをサボっている感じ。反省、反省です。TBのお返ししておきます。
Commented by shappy at 2006-02-09 11:49 x
風花さんのところからきました、はじめまして、清里に住んでいます。
思うところあって、6日にうちから清里駅まで5kmずーーーっと上りの道を歩いてきました。
途中清里ローソンが閉店して鉄骨が壊されている現場を見ました。
この辺の方は車が移動手段ですね、私はと言うと運転できないので市バスがたよりだったのですが、自転車とウォーキングで5km圏内は生活していこうと思っています。
帰りは暗くなってしまい、下りで行きほどの時間はかからないと思いましたが、市バスに乗りました。運転手さんには何しに行ったの?コーヒー飲みに!えっ、コーヒー飲みに5km歩いたの?コーヒー飲めるところ近所にないの?本当は、一度清里駅まで何分かかるか歩いてみたかったから!と言っても共感は得られませんでした。
でも、今度は国道ではなく丘の公園通りを歩こうと思います。国道はトラックがいっぱいなので、、、;

最近、道の駅ならぬ、「健康の駅」が出来てきました。
簡単なバイタルチェックが出来ることが条件だったかな?
北杜市でも、公園の一部を健康の駅にして、みなが健康で長生きできるような集いの場が出来るとよいと思います。
Commented by shappy at 2006-02-09 11:50 x
追記です。

今、Gyao(無料です)で、
「大草原の少女みゆきちゃん」を3月15日までやっています。
私は、5kmウォーキングしてその日に偶然見ました。
小学校1年生が小学校までの往復8kmを徒歩で通学している姿を見て、
とても心身がバランスとれた健康な少女に思えました。
暇があればどうぞご覧ください
http://www.gyao.jp/documentary/
Commented by mukai-message at 2006-02-09 15:34
shappyさん こんにちは。私も"市バス+歩け、歩け" 賛成派です・・が、段々(冬場を除いて)50ccの単車に頼りがちになっています。悪いクセですね。やはり、「どこからどこまでは必ず歩くぞ」と決心して実行しないとダメみたいです。
地元の人は私以上に歩かないですよ。歩くなんて変人! という感じ。shappyさんの気持ち、よく分かります。

「健康の駅」で、誰でも自分の健康状態のデータが気軽に、自分の都合に合わせた時間に手に入るのなら良いことですよね。地域委員というより、市全体の試みとしてどうかな? と感じました。
Gyaoの情報有難う。見てみますよ。「歩くと、かならずイイコトが見つかる」小さいことでも、それは真実。今日決心して歩いた(笑)ところ、今年初めてホトケノザが咲いているのを見つけました。うれしかったです!

これからも、いろいろ教えてくださいね。よろしくお願いいたします。
Commented by 平成枯れすすき at 2006-02-10 14:05 x
引っ越して来たころは、もっと楽しく歩いていたことを思い出しました。ひたすら健康維持のためでは楽しめないですからね、でも、あちこちに出来た道路にはトラックがフルスピードで走ってますから、小さな子どもがいると、心配ですよね。「小径」は減って、歩くにはおっかない道が増えている。これが田舎暮らしとはトホホ。
Commented by arazin at 2006-02-16 11:13 x
はじめまして 北巨摩大好きです。長坂駅から深沢温泉の坂を登って中丸の新宿村まで歩いている都会人をよく見ます。人それぞれが風に酔っているようで明るい気持ちになります。歩きましょう   前へ..
Commented by mukai-message at 2006-02-16 15:06
arazin さん、はじめまして あの辺も歩くのにいいですね。もっとたくさんの人が楽しそうに歩くようになれば、そして歩きやすい道を教え合うようになれば、ヘンな道路ができなくなるのかもしれませんよね。これからもよろしくお願いします。
Commented by mukai-message at 2006-02-16 15:09
枯れすすきさん めげずにどんどん歩いて、お仲間を増やしていけば、トラックの運転さんだって「ゆっくり走らなきゃな〜」と思うかもしれませんよ。
Commented by 健康の駅 at 2007-04-29 08:19 x
健康の駅
<< 緊急! 富士見町で2月9日に町... 道から自然景観を考える シーニ... >>