<< クロッカス花盛り 山梨県民100人がつくるミュー... >>

町村合併の後、やたら目立つ「サイン計画」事業

(写真はクリックすると拡大します)  

町村合併すると、どこでも「サイン計画」という標識づくりに大金をつぎ込むようですね。これは、先日出かけた笛吹市のものです。ここは、以前も看板プラス電柱大通りだったと思われますが、極めつけは中空ど真ん中にビシリッと据えられた新標識! ちょっと見づらい写真ですが、左半分が紫色ででぶどうの房が白抜きになっています。

笛吹市では、いち早く「パブリックコメント制度」が導入されているようですから、これは市民が選んだデザインなのでしょうか。
[PR]
by mukai-message | 2006-03-22 17:31 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(2)
Commented by 春人間 at 2006-03-23 11:54 x
パブリックコメントが導入されたら、市民の側の質が問われるようになると思うと・・・・・こわい。
ところで北杜市の標識についてはどうかなああ。
Commented by mukai-message at 2006-03-23 18:06
こんにちは、春人間さん。ぬくとい一日でした。
今頃から段々野外で過ごす時間が多くなって、落ち着きません。春は活動開始の季節ですね。
北杜市の景観については、また明日? になってしまいます。
<< クロッカス花盛り 山梨県民100人がつくるミュー... >>