<< 公共の色を考える 誰が決める「... 公共の色を考える 誰が決める「... >>

公共の色を考える 誰が決める「杜」の色 3.

(写真はクリックすると拡大します)

長坂町の公共建築物の色についてはあまり誉められた覚えがないけれど、標識の色は別です。例えば、オオムラサキ自然観察歩道の県産材を用いた茶系のもの。そして、この緑色も「いい感じ」と何度か言われました。自分が選んだわけでなくとも、誉められればうれしいものです。(でも、この痛んだポールがみすぼらしい。できれば 昨日の標識 のように同色だったらよかったのに……。)
  
[PR]
by mukai-message | 2006-03-26 17:23 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(4)
Commented by arazin at 2006-03-26 23:27 x
北○市は重症だとおもいます。人間を壊しているみたい...
Commented by 春人間 at 2006-03-27 09:55 x
この看板、色は悪くないけれど見づらい。もっとも歩行者用なのかもしれませんが。
Commented by mukai-message at 2006-03-27 17:29
arazinさん 町村時代からの持病が、合併特例債をもらってさらに重くなっちゃったのでしょうか・・・心配!
Commented by mukai-message at 2006-03-27 17:32
感じのよい色でも、標識や看板が増える一方なのはやはりね。目立たなくかつ有益なものへの一工夫、二工夫が必要でしょうね。
<< 公共の色を考える 誰が決める「... 公共の色を考える 誰が決める「... >>