<< 第8回長坂地域委員会が開催されます 春の横浜 歩いて発見、地域の魅... >>

春の横浜 歩いて発見、地域の魅力 <車止め>

(写真はクリックすると拡大します)
           

歴史を感じさせる美しい日本大通り。ここは4年前に再整備 されたのですが、その際車道を狭め、歩道・植樹帯を拡幅したのだそうです。ぶらぶら歩きながら、歩車道境界部に立っている濃いブルーグレーの柱は何だろう? と思い、調べてみたら「車止め(ポラード)」でした。この方が真っ白で汚れや痛みの目立つガードレールよりも周囲に溶け込みやすく、景観上優れていると感じた次第。その上、これには弾性に富むリサイクル材が用いられ、夜間は再帰反射で光り、設計はユニバーサルデザイン、車両破損防止等の長所があるらしい。ーー 時代と共に道路も、その附属物も変わっていくのですね。
この 植樹帯 を囲む細身のベンチや街灯は車止めと同色で、いかにも都会的、横浜にぴったりの印象です。「北杜市だったらどうかな、うーむ "木の色" かな、ダークブラウンが似合うだろうか 、などと考えながら歩いたり、立ち止まったりの楽しいひとときでした。

さて、そろそろ横浜を出て大急ぎで北杜市に帰らなければいけません。のんびりしている間にあれこれ記事ネタがたまってしまいました。ながさか地域委員会開催のニュース、お手元に届いている「ほくと ほほえみ夢プラン」のこと、八ヶ岳南麓の市民グループが結集して殴り込んだ、いえ、名乗りを上げた「日本風景街道モデルルート」の話……順次掲載していきますので、どうぞお楽しみに (^^)/
[PR]
by mukai-message | 2006-04-12 18:36 | ○ほくと景観まちづくり
<< 第8回長坂地域委員会が開催されます 春の横浜 歩いて発見、地域の魅... >>