<< 〜 みんなでつくろう、甲府の自... 日本風景街道/シーニック・バイ... >>

日本風景街道/シーニック・バイウェイ・ジャパン 八ヶ岳南麓の場合 2. 

(写真はクリックすると拡大します)   

申請までの経緯
このテーマは「環境・景観・まちづくり」に入れましたが、別カテゴリーである「市民活動について」と切り離して語ることはできません。なぜなら、パートナーシップを組んで「八ヶ岳南麓風景街道の会」を構成する7組織・団体は、活動の形態・やり方に差はあっても、1994年〜2004年にかけて南麓地域で活動を開始しており、その多くが財政難に悩みながらも明るい笑顔で(^^)活動を楽しんで続けてきた点が共通しているからです。活動の基盤には八ヶ岳の自然環境を大切に思う気持ちがあり、またパソコンを早い時期に導入し、IT関係に強いという点も共通しているでしょう。

それでは、「風景街道」への関心がなぜ八ヶ岳南麓で高いのでしょうか?
それには、数年前に発足した団体(今はNPO法人)「八ヶ岳南麓景観を考える会」の存在が大きな役割を果たしています。

昨年6月に景観法が施行され、11月10日には高根やまびこホールで 山梨県景観セミナー 〜景観法とまちづくり〜『地域の個性を活かした観光振興』 が開催されました。その折に取組活動事例報告「八ヶ岳を良い景観にするには」を行い、道路から見る景観の問題点などを鋭く指摘したのが同NPO法人です。要するに、国や県に先駆けた活動がすでになされていたということです。
このセミナーへの出席者のほとんどは行政関係者でしたので、国のプロジェクト「日本風景街道〜シー二ック・バイウェイ・ジャパン〜」がタイムリーにこの地域に浮上したというわけ。

以下に「八ヶ岳南麓風景街道の会」の全団体を挙げます。この記事のシリーズでは、今後各団体のプロフィールなども紹介していきたいと思っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みちづくりパートナーシップ「八ヶ岳南麓風景街道の会」
申請時における7組織・団体の紹介 (発足年)

・NPO法人 八ヶ岳南麓景観を考える会(2001年)
・清里朝日が丘班 朝日が丘景観委員会(1994年)
・八ヶ岳歩こう会(1999年)
・八ヶ岳ネットワーク <略称やつねっと>(1998年)
・八ヶ岳自然クラブ(2000年)
・緑のネットワーク21(1998年)
・(有)まちづくり小渕沢(2004年)
・山梨県
・北杜市

(注)その後(財)キープ協会も「八ヶ岳南麓風景街道の会」に加わり、合計8団体。
[PR]
by mukai-message | 2006-04-20 12:42 | ▷ほくと景観まちづくり
<< 〜 みんなでつくろう、甲府の自... 日本風景街道/シーニック・バイ... >>