<< 春の森を行けば ミヤマウグイスカグラ 北杜市男女共同参画推進 はじめ... >>

ヤマエンゴサク 春の妖精のような草花のサバイバル

(クリックすると拡大します)
    

 昨日長坂町北部の我が家から須玉町間を走るうちに、とある林間地で見つけた花。繊細な細い葉と薄紫の小花の組み合わせはパッと目立ちはしないが、楚々とした野生美がある。すぐ傍を自動車がスピードを上げて走っていくので、落ち着いて撮影することもままならないが、文句は言わない。ーー 道路開発、宅地開発、ヒトによる盗伐などで消えて行った多くの植物を思えば、ここの花は、人間にとって観賞しづらい悪条件の中だからこそ、ゴミと共生しながらも生き残っているのだ。ここのところ桜そっちのけで アズマイチゲ、イカリソウなどを追いかけてきたが、何処の場所でも同じ感想が湧く。ちょっと情けないけれど……。

エンゴサクとは、漢方原料の"延胡索"(中国産)を漢字音読みしたものと言う。"ヤマエンゴサク" を"ヤマエンゴグサ" と間違う人が多いことがネット検索すると分かるので、要注意。
_________________________________________
ヤマエンゴサク(山延胡策 別名 ヤブエンゴサク)  ケシ科 キケマン属  Corydalis lineariloba
[PR]
by mukai-message | 2006-04-29 13:11 | ○里山を守る・壊す | Comments(6)
Commented by てらまち at 2006-04-29 20:41 x
こんにちは。

うちの庭にはムラサキケマンがあり、また、ここのところフィールドでミヤマキケマンを何度か写真に撮ったので、載せようと思っていました(笑)

 ヤマエンゴサクは、もちろん、ありません(笑)
 
Commented by brue-nile at 2006-04-29 22:09
mukaiさん、こんばんは。
「ヤマエンゴサク」のお花綺麗ですね。
東京では見たこと在りませんが、
お仲間の「ジロボウエンゴサク」なら、
清瀬で見た事が在ります。
生徒の展覧会場のお庭に、色々な野草が在って
その中にありましたよ。(名札が付いてました)

葉っぱの形状と花色が違うのかしら…!?
Commented by 平成枯れすすき at 2006-04-30 08:04 x
自然が好きな新住民の中には、花どろぼうが多いという評判です。犬の散歩のマナーが悪いともね。田舎暮しエゴにならないよう反省したいものです。
Commented by mukai-message at 2006-04-30 10:18
ムラサキケマンもケシ科の花なので、感じが似ていますよね。てらまちさんの山県市にも、きっとヒトがあまり足を踏み入れない林にこのヤマエンゴサクあるんじゃないかなぁ。
Commented by mukai-message at 2006-04-30 10:24
ナイルさん ジロボウエンゴサクもよく似ていますね。葉の切れ込みが違うらしい。色もちょっと違うのかな? 野草の世界は奥深いですね。
Commented by mukai-message at 2006-04-30 10:30
花どろぼうから「花」を取ると・・・。外にあるものだからいいだろうという人間が増えれば、せっかくの自然が泣く。根こそぎ厳禁! 花だけいただいて一輪挿しに活けるのなら良し。自然との付合い方の教育を都会人が受けていないのが問題かな。
<< 春の森を行けば ミヤマウグイスカグラ 北杜市男女共同参画推進 はじめ... >>