<< 市民が起こした奇跡 山梨で憲法... 日本風景街道/シーニック・バイ... >>

初夏の森を行けば ワダソウ

(クリックすると拡大します)

この花は、信州和田峠で発見されたからワダソウと命名されたという。「じゃあ、八ヶ岳だったらヤツガタケソウだったのか」と思ってしまうほど、今の季節には森のあちこちに群生している。白い五弁花でハコベ (Stellaria media) にちょっと似ているが、もっと華やかだ。ワチガイソウ (Pseudostellaria heterantha ) も探したのだが、残念ながらもう終わっていた。

___________________________________________
ワダソウ(和田草) ナデシコ科 ワチガイソウ属  Pseudostellaria heterophylla
 (注)Pseudo は「擬似」という意味。
[PR]
by mukai-message | 2006-05-07 07:33 | ○里山を守る・壊す | Comments(2)
Commented by 森の醒人 at 2006-05-07 19:54 x
mukaiさんって、植物学者・・・ですか。いつも感心して植物の名前や写真を眺めてます。八ヶ岳南麓の森に住んでいて何を毎日見ているのだろうと、観察力のなさを嘆きながら・・・・です。
Commented by mukai-message at 2006-05-08 12:49
森の醒人さん 植物学者なんてとんでもない! なるべく歩くように心がけているせいで、小さな草花に気づくだけです。虫、鳥、小動物・・・身近な自然にはいろいろと教わりますね。
<< 市民が起こした奇跡 山梨で憲法... 日本風景街道/シーニック・バイ... >>