<< 日本風景街道/シーニック・バイ... 「スタンドアップ」 6月1日(... >>

五月雨の道ばたに咲く アマドコロ

(写真はクリックすると拡大します)  

緑がかった鈴蘭のような花が可愛い。根が甘く、ヤマノイモ科のトコロ(またはオニドコロ)に似ていることが名前の由来という。薬用植物であり、老化防止や色白効果があると聞くと大いに惹かれてしまうが、近年めっきり減っているそうだから、見つけても根こそぎ採るのはやめましょう。
八ヶ岳南麓では、草むらや道ばたに群生しているのを時々見かけるが、そこが開発され、ヒトが家を建てるとあっけなく消えてしまう。ここは一体どのような土地だったのか ーー 庭の片隅で物思いに沈んだりする雨の日は長い。

___________________________________________
アマドコロ (甘野老) ユリ科 アマドコロ属  Polyganatum odoratum var.plurifrum
[PR]
by mukai-message | 2006-05-16 14:00 | ○里山を守る・壊す
<< 日本風景街道/シーニック・バイ... 「スタンドアップ」 6月1日(... >>