<< 英国セラフィールドから青森六ヶ... 「あ・そ・ぼ 青空バザー」のご案内 >>

初夏の沢筋を行けば アブラチャンの青葉

(写真はクリックすると拡大します)


川沿いに自生する樹木は多い。アブラチャンもその一つで、この木は小柄ながら株立ちの賑やかな姿をしている。春先に咲く地味めな黄色い花を愛する人は多いが、葉柄の紅を帯びた様も可愛い。
「チャン」とは瀝青(れきせい)のこと。昔の人は、実や樹皮から出る油を灯に用いたという。電気のなかった時代に思いを馳せる五月晴れの午後である。

___________________________________________

アブラチャン(油瀝青 別名 ムラダチ、ズサ、ヂシャ) クスノキ科 シロモジ属 Parabenzoin praecox 
[PR]
by mukai-message | 2006-05-25 15:07 | ○里山を守る・壊す
<< 英国セラフィールドから青森六ヶ... 「あ・そ・ぼ 青空バザー」のご案内 >>