<< 英国セラフィールドから青森六ヶ... 初夏の沢筋を行けば アブラチャ... >>

英国セラフィールドから青森六ヶ所村まで 1/3 何が問題なのか 

c0041095_14561859.jpg
      去年5月、ロンドン滞在中に知ったセラフィールドのソープ再処理工場での事故
      それ以来、私にとってずっと気がかりだった問題です。最近、山梨のある農業者の
      方から渡されたずっしり重い資料を読んだのですが、あの「気がかり」が、この
     「暗雲たちこめる思い」に変わりつつあります。
c0041095_14562871.jpg
      青森県六ヶ所村に建てられた「再処理工場(原発で使いおえた燃料からプルトニウ
      ムとウランを抽出する工場)」は、2007年8月まで再処理試運転されます。
      そ の 後 本 運 転 が 開 始 す る と ど の よ う な こ と に な る の で しょ う か。
      あと約15ヶ月。その間に何かできるはず。「できるだけ多くの人々に知って
      もらうこと」ーー 岩手では県議会、新聞など多くの人々が動いています。
      しかし、彼らだけに任せておいてよいのでしょうか。

       ヨーロッパではフランスとイギリスに同様の工場がありますが、イギリスの工
      場周辺は他地域よりも子ども達の白血病が10倍、フランスでは6倍多いということ
      (両政府とも因果関係を認めていない)
       再処理という方法でなしに、直接処分(そのまま保管する方法)の方が汚染も
      コストもずっと少ないので、世界の主流になっていること
       そして、日本では去年のセラフィールドの事故についてほとんどのマスコミが
      報道しなかったこと。あれは個人のブログを通じて広まったニュースだったこと。

      これらについて、どれほどの事を知っていましたか? 
      私にとっては、去年同様、最後の項目が最もおそろしいことに思えます (>_<)
________________________________________
上の写真の資料は、京都のNGOグリーン・アクション発行のブックレットからの引用です。こちらのサイトからPDFでダウンロードできます。
[PR]
by mukai-message | 2006-05-26 17:18 | ○放 射 能 汚 染
<< 英国セラフィールドから青森六ヶ... 初夏の沢筋を行けば アブラチャ... >>