<< ある庭の光景 午後の陽に見送ら... 6月は 男女共同参画推進の月 >>

男女共同参画推進リーダー委嘱式・研修会 3/3 男性への呼びかけ?

この日、「気づくことがはじめの一歩」というビデオが上映されました。30代のカップルが二組登場し、一組は「女が働くのには反対しないが、家事育児全てやれないのなら仕事を辞めるべき」と考える夫に屈する妻。もう一組は、「互いに協力しあって仕事も家事育児もやろうね」という対照的ライフスタイルの夫婦。しかし、そんな二人に首を傾げる(夫の)母 ーー つまり、男女間だけでなく世代間のギャップがテーマでした。
  
c0041095_1947716.jpg 映画の中で、後者の夫がかっこいい手つきで中華鍋を操って料理をするシーンがあり、場内は笑い声に包まれました。、それは、県の男女共同参画推進リーダーの平均年齢が高いからではないでしょうか。今どきの30代、40代の男性で「家事育児は全て妻に」と考える人の率はずっと低いのでは、と日頃ブログをハシゴしながら感じていますから。包丁だってフライパンだってすいすい、お得意料理も何品かあり、可愛い盛りの子どもと過ごす時間を心待ちにしている男性は30年前と比べると多いはずです。
となると、男女共同参画が身に付いていないのに推進しなければならない中高年世代にとっては、ちょっと耳の痛いビデオ。「だから笑ってしまえ!」という苦笑まじりの反応だったのかもしれません。ふっふっふ (^_-) 。

広岡守穂先生の講演も「男性の視点で捉えた夫婦のあり方・生き方」について、5人のお子さんがいるご自身の人生経験に基づいた説得力のあるものでした。今年の男女共同参画推進月間のセミナー にも男性の講師がずらり。「男だって家事育児を楽しみたい・楽しもう」は男性への呼びかけですが、「それじゃ悪いもん……」などと思い込みがちな女性への力づけの言葉でもあると思います。
[PR]
by mukai-message | 2006-06-03 19:58 | ▷男女共同参画 2005-06 | Comments(4)
Commented by 平成枯れすすき at 2006-06-03 23:03 x
こんばんは 何を隠そう、私はカミさんよりも料理も掃除も上手ですよ、大昔から。ですから、ずっとずうっと『男女共同参画』やってまっっす。やっと日の目を浴びたライフスタイルです。
Commented by BCC at 2006-06-04 12:02 x
世代間のギャップはあります。ところで団塊世代は学生運動の後、男は企業戦士となり女は家でそれを支えたと言われますが、どういう子育てをしたのか、興味があります。
Commented by mukai-message at 2006-06-05 12:38
おお、枯れすすきさんのような男性もすでに存在していたのですね。脚光があたっただけ、ということで。でもどちらかといえば少数派だったのではないでしょうか?
Commented by mukai-message at 2006-06-05 12:40
BCCさん いつも有難う。団塊世代の分析は社会学者に任せることとして、「彼らの子育て」については、「団塊ジュニア」の生き方が物語っているかもですね。子育てだけの影響なのか、経済状況の変化なのか・・・。
<< ある庭の光景 午後の陽に見送ら... 6月は 男女共同参画推進の月 >>