<< 父と子の料理教室 夏やさいパス... 〜 八ヶ岳南麓風景街道を走る ... >>

梅雨どきの森を行けば ノイバラのいざない

c0041095_16161646.jpg


わらべはみたり のなかのばら きよらにさける そのいろめでつ あかずながむ くれないにおう 

これを歌っていた若きころ、ノイバラの棘があれほど激しい痛みを与えるものとは想像もしなかった。北巨摩に来た初めての冬、枯れ木立の中をさまよい歩いて初めて「茨の道」という意味を理解した。ナイロン製の上っ張りをぼろぼろにした代償である。
梅雨に咲く花も、秋の実も、見とれるほど愛らしいのに。

たおりてゆかん のなかのばら たおらばたおれ おもいでぐさに きみをささん くれないにおう ーー
[PR]
by mukai-message | 2006-06-17 16:21 | ○里山を守る・壊す | Comments(2)
Commented by きんぽうげ at 2006-06-18 07:44 x
きれいな花にきれいな歌ですね。ストーリーを感じます。歌詞はちょっと難しいですけれど・・・。
Commented by mukai-message at 2006-06-18 11:37
ストーリーはほろ悲しい・・・。
3番の訳詞は ♪ わらべはおりぬ のなかのばら たおりてあわれ きよらのいろか とわにあせぬ くれないにおう
<< 父と子の料理教室 夏やさいパス... 〜 八ヶ岳南麓風景街道を走る ... >>