<< 梅雨の合間の草刈の後に広がる緑陰 梅雨の森を行けば 甘い蜜が招く... >>

平成18年第2回北杜市地域委員会市政報告会及び講演会の開催

日 時 7月14日(金) 開場 午後1時  
 ・市 政 報 告 会  午後1時30分
 ・講 演 会    午後2時30分
   テーマ 『音楽と、映画と、土地の匂いと・・・』
   講 師   北杜市こぶちざわ音楽祭実行委員会顧問
         作曲家 池辺 晋一郎 氏 
会 場 須玉ふれあい館(須玉農村総合交流ターミナル)
今回の報告会・講演会は、 市のサイト に写真入りで紹介されている。以前と比べると、今年度の講演会の内容は一般向きのテーマになっている。一般市民をも対象とする市政報告会だから、親しみやすいのは良いことだろう。
しかし、メインである市政報告会はむしろ "お堅く" 充実したものであってほしい。例えば昨年 7月7日市政報告会で取り上げた明野処分場の件(下欄参照)、新たに進行中の白州町に隣接する富士見の灰溶融炉の件などもきちんと報告を願いたいものだ。特に後者は市民発で問題提起がなされ、市議会議員を中心に動きがあるようだが、当事者である町の地域委員の意識が問われる問題でもあるはずだ。市全体の問題として扱われなければ、辺境の問題として囲い込まれてしまうかもしれない。市政はまさに内憂外患! でも傍観していてどうする? 市政とは、全ての市民に関わることなのだから。

市のサイトには「どちらも自由に 傍 聴 できますので、ご来場ください」とあり、一般市民は傍聴するだけのようだが、とまれ、市議会の後に必ず開催されるのが市政報告会。もちろん参加無料。平日の昼間だが、市政に触れる絶好のチャンスである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八ヶ岳ジャーナル Web Today より引用します)
「非公開、代表者のみ」明野処分場  2006.6.20

 明野町浅尾の廃棄物処分場建設に反対する住民らで構成する「明野廃棄物最終処分場問題対策協議会」(清水忠孝代表)が、市長との直接対話を求める文書を九日に提出していた問題で、市は十五日、代表者のみによる非公開での対話なら応じるという内容の回答書を反対派へ送付した。
 回答書によると「非公開とした方が率直な意見交換が行える」として、引き続き非公開による対話の方針を変えず、「処分場の賛否を議論する時期は終わったものと考えている」として、反対派側の要望を退ける形となった。
 今回の回答に対し、同対策協では今月中に市役所での抗議活動を予定している。
[PR]
by mukai-message | 2006-06-21 09:30 |  ●地域委員会等 2005-06
<< 梅雨の合間の草刈の後に広がる緑陰 梅雨の森を行けば 甘い蜜が招く... >>