<< NEWS!  北杜市議会定... 緊急! 北杜市議会 代表質問・... >>

野菜畑で想う 遠い青森で起きていること 3.

c0041095_1712516.jpg前回引用した 外務省 再編実施のための日米のロードマップ
(仮訳)平成18年5月1日 
の中で最も注目されているのが下記。
5.ミサイル防衛
*双方が追加的な能力を展開し、それぞれの弾道ミサイル防衛能力を向上させることに応じて、緊密な連携が継続される。
*新たな米軍のXバンド・レーダー・システムの最適な展開地として航空自衛隊車力分屯基地が選定された。レーダーが運用可能となる2006年夏までに、必要な措置や米側の資金負担による施設改修が行われる。
*米国政府は、Xバンド・レーダーのデータを日本国政府と共有する。
*米軍のパトリオットPAC-3能力が、日本における既存の米軍施設・区域に展開され、可能な限り早い時期に運用可能となる。


     さて、「航空自衛隊車力分屯基地」は青森県津軽半島側の(現在つがる市)旧西津軽郡車力
     村にあります。こことほぼ同じ緯度の下北半島側(太平洋側)に六ヶ所村があり、そこから南
     20キロ余の場所に米軍三沢基地があります。この三角関係だけでも軍事に疎い私にとっては
     おどろおどろしい感じなのですが……。
     アメリカが「施設改修の資金負担」をして車力分屯基地に設置する Xバンド・レーダー・
     システム
って何でしょう? また、パトリオットは湾岸戦争で有名になった広域防空ミサイル
     のことですが、パトリオットPAC-3 とは?

     白神山地(世界遺産) に憧れ、青森の魅力に捕われている私ですが、この様な「要塞として
     の顔」を知れば知るほど不安に駆られてしまう。ノンキに「青森名物で好きなものは?」 
     などとはしゃぐ気にはなれないのです(>_<) 。
     ーー でもブログ「まるごと青森」さん、畑からはたびたび訪問しますからね

     以下、地元紙「Web東奥」の記事をリンクします。
     ◎ 2006年2月9日 (木)  米の狙いグアム防衛か/Xバンドレーダー車力配備/探知能力
     2000キロ?北朝鮮ミサイル想定
     ◎ 2006年5月1日(月)  受け入れ決定から1カ月/Xバンドを再検証
[PR]
by mukai-message | 2006-06-26 17:17 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)
Commented by marugoto_aomori at 2006-06-30 21:53
ありがとうございます。
まじめですてきな青森を探して、またまた頑張ります!
Commented by mukai-message at 2006-07-01 12:18
これからも、がんばってくださいね。ちょっと遠い山の彼方からですが、いつも応援しています。
<< NEWS!  北杜市議会定... 緊急! 北杜市議会 代表質問・... >>