<< 買い物がてらボーチョーしよう!... 浅野史郎さん講演シンポ「政治を... >>

川沿いの小径を行けば ウツギに夏は来ぬ

(写真はクリックすると拡大します)
   

♪うのはなのにおう かきねに ーー の"うのはな"が 野山に今頃咲くウツギだと知ったのはそう遠い昔ではありません。数年ほど前、オオムラサキの里山愛好会でお田植えをした時に聞いたお話からでした。この歌には、さみだれ、さおとめ、さつきやみ、ほたる、くいな、ゆうづきなど、田植えどきに因んだ美しい言葉がたくさん登場し、農業が創りだした地域の風景と文化について考えさせてくれます。

__________________________________________
ウツギ(空木 別名 ウノハナ 卯の花) ユキノシタ科 ウツギ属 Deutzia crenata
空木とは、茎の中が空洞になっていることから付けられた名前。種類が多いことでも知られている。 
[PR]
by mukai-message | 2006-06-29 14:37 | ○里山を守る・壊す | Comments(3)
Commented by むし・むし at 2006-06-30 07:04 x
花には必ず虫が来るものですね。右の卯の花にいる虫はなんでしょうか?
Commented by brue-nile at 2006-06-30 21:23
mukaiさん、こんばんは。
ウツギは昆虫さん達に、大人気のお花です。
独り占めしているのは、誰かしら…!?

今頃の八ヶ岳は花々が咲き競い、
素晴らしいく綺麗でしょうね…!

観光客のラッシュが真近、
何かと大変そうですが、
どうかご自愛下さいね…!
Commented by mukai-message at 2006-07-01 12:16
むし・むしさん ナイルさん
虫についてのコメントありがとう。たぶんウツギハバチだと思うのですが…。昆虫好きの読者がいたら、教えてくださいね。
<< 買い物がてらボーチョーしよう!... 浅野史郎さん講演シンポ「政治を... >>