<< 梅雨どきに植えたくなる 一本の... 緊急! 講演会「キューバ都市農... >>

環境と暮しのセミナー 「今、これだけは知っておきたい憲法改定「国民投票」Q&A」

八ヶ岳からもアクセスのよい新宿駅南口から徒歩8分のところにあるカタログハウスの学校(東京校)では、年間を通じて環境や暮しに関するセミナーが開催されています。
7月は「憲法改定・国民投票」について、8月は「ダムに沈む村を訪ね歩いて」。大阪校では、大干ばつのつづくアフガニスタンで井戸を掘り、現地の人たちの治療をつづけているペシャワール会現地代表の中村哲さんの講演も開かれるそうです。

  日時 7月15日(土)午後2時〜3時30分
  会場 カタログハウス本社ビル B2階セミナーホール(東京都渋谷区代々木2-12-2)
  参加費:1000円
  定員:150人(定員になり次第締切られます)

  講師:今井一さん(ジャーナリスト、真っ当な国民投票のルールを作る会事務局)
 
お申込み・地図 カタログハウスのウェブサイト から。  

お問合せ 電話:0120−545−450(受付時間 平日10時30分〜17時)   
メール  school@cataloghouse.co.jp  
※お申込み・お問合せは開催日2日前までにお願いいたします
_________________________________________

『「衆参両院3分の2以上の賛成があれば憲法を改定できる」などという報道がなされたりすることがありますが、国会ができるのは「憲法をこんなふうに変えましょう」という発議(国民への提案)だけ。そのあとの国民投票で過半数の賛成がなければ、憲法は変えられません。つまり、最終的には私たちの一票にすべてが委ねられているのです。国民投票は「国のかたち」を決める際の大事なカギを握っています。
そんな大事な国民投票ですが、その仕組みがどうなっているのか、一般的にはまだまだ認知されていないのが現実です。
当日は、新聞・テレビ等では報道されない、とっておきの「裏話」も飛び出るかもしれません。ご期待ください』とのことです。
[PR]
by mukai-message | 2006-07-08 10:08 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(0)
<< 梅雨どきに植えたくなる 一本の... 緊急! 講演会「キューバ都市農... >>