<< ☆八ヶ岳南麓風景街道にテレビ取... 「北杜市の給食を考える会」が開... >>

八ヶ岳ジャーナル速報! 市民対話「市長と語る集い」 いよいよ武川町からスタート。

1月20日の地域委員会市政報告会においてある地域委員会長から提案された 「市民との対話集会」 が、いよいよ実現の運びとなり、武川町からスタートするそうです。

日時 7月26日(水) 午後7時半〜9時半
会場 武川町教育福祉センター
 市長ほか助役、部長クラスが出席予定

詳しくは Web Today 7.18記事 をご覧ください。
[PR]
by mukai-message | 2006-07-19 09:51 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(6)
Commented by 探検隊 at 2006-07-31 22:06 x
ずいぶん不評な結果に終わったようですな
なんか そろそろ住所移して住民税払おうかと思ってましたが
止めました もったいない 残念なことですな
Commented by mukai-message at 2006-08-01 13:05
ほんとうに残念ですね・・。
田舎では行政と議会が住民の方を向いていないと、
暮しにくさが増すばかりです。これからは、もっと
もっとその傾向が強まるでしょう。
Commented by 探検隊 at 2006-08-01 22:50 x
まぁ私の場合すべて自己責任で解決しようとする心構えですから
行政はあてにしてないです
あるサービスだけ享受してればいいだけですから
膨大な起債をしてるわけですから償還を最優先してください
もともと旧北巨摩郡ですから8町村の時代から政争激しく選挙のたびに
金が飛び交う世界ですからしょうがないです
善と悪の戦いの選挙でもなかったわけで 悪と悪の我田引水、利権奪取の戦いが延々と繰り広げられてきた世界ですからね
住民が選挙のたび飛び交う金を楽しみにしてる精神性ですからね
都市部から理想論持って来た人たちにはわからんでしょうな
それにしても合併して間もないのにもう新利権構造が構築されたのには
驚きです
これがいつかは変わるのか 変わらないでしょうね

変わるとすれば 人口が今の何倍も増えて、個人所得が都市部と同じ水準になって利益誘導を鼻でせせら笑えるような市民ばかりになった時でしょうかね
Commented by mukai-message at 2006-08-02 19:42
「甲州選挙」という言葉があるのですね。最初はびっくりしましたが、「大都会以外、日本はどこでも選挙ではカネが飛ぶ」と聞いて、自分の無知を知りました。東京人は脳天気です。
だいたい山梨は拝金主義ですしね。市民活動でも新聞記事になったりすると「いくら使ったかね」ですからねぇぇ。人間の行動の裏には全て金という動機がある、が信念とは。「全て」という思い込みがスゴいです。
これが変わるには、あと最低50年はかかるでしょう。その日を楽しみに精々長生きするしかありません(笑)。そう、脳天気・・・。
Commented by ところで at 2006-08-02 21:20 x
給食センター問題とはなんぞや????
該当BLOGを読んで見ましたが 何が問題なのか
よくわかりません
知ってる方 詳しく教えてください
Commented by mukai-message at 2006-08-03 09:31
ところでさん この件このブログでは7.17に市政報告会での質疑応答の模様を記事にしています。
私は旧町時代から学校給食の現場を知りませんので何かを言える立場にはないのですが、一般的には「財政/少子化/校舎の整備/食育/家庭・学校・地域における教育等」を含む総合的な問題であり、北杜市については、それらの点にプラスして「情報開示と関係者全体で検討して決めようという姿勢」がないことが問題点に加わるのではないでしょうか。
聞くところによれば、大泉のように他県から視察に訪れるほど内容のよい「自校式」もあるそうで、将来に向かって継続可能な施策を目指す行政と保護者・関係者の間で擦り合わせにもっと時間をかけてほしいものです。
この件現在の動きについては、Web Today http://www.webtoday.jp/index0.htm 「既存施設の存続を求める・給食センター建設計画でPTA意見書提出 :2006.8.2  をご覧ください。
<< ☆八ヶ岳南麓風景街道にテレビ取... 「北杜市の給食を考える会」が開... >>