<< 自然との対話  ムギワラトンボ... 梅雨どきの森を行けば 食べるな... >>

梅雨明け近し ふらふら庭を飛ぶオオムラサキ

(写真はクリックすると拡大します)

      今年もふらふら頼りなく飛ぶよ、オオムラサキ。
      我が家の場合は、なぜか毎年北側アプローチの所帯染みた一角に真っ先に現れる。
      この辺りでは、蝶もトンボも人懐っこい。生協のボックスに止まったり、スコップ
      に止まったり、外壁でご休憩したりと絵になる場所へは行ってくれない。

      困っていたら、すぅっと近づいてシャツに止まってしまった。
      私もふらふらする手で真上から失礼!
        *~* やはり、ピンぼけであった。またさまよい飛んできてほしい。
[PR]
by mukai-message | 2006-07-28 14:50 | ○里山を守る・壊す | Comments(4)
Commented by JoeWatanabe at 2006-07-29 09:15 x
mukaiさん、ご無沙汰です。オオムラサキって、人のシャツに留まるのが好きなようですよね。ウチに来たやつも、何度も僕に留まってましたよ。TBもさせていただきます。
Commented by brue-nile at 2006-07-29 11:53
mukaiさん、綺麗ですね~!
でも信じられません…オオムラサキさんって、
以外に所帯染みているようですね…(笑)!?

白いTシャツなので、美しい色彩が際立って見えますね!

国蝶を真近で、何時も観察出来るなんて、
ものすごく羨ましいです。
Commented by mukai-message at 2006-07-29 15:44
Joeさん 「オオムラサキはシャツがすき♪」って歌になりそう(笑)。作詞でもしようかな。シャツの色は関係あるのでしょうかね。
Commented by mukai-message at 2006-07-29 15:47
ナイルさん 今は、あちこちで「見かけたよ」情報が聞こえる季節です。我が家の場合、ほんと、なんでこんな所に、という場所なのですが。どこか林の中にエノキの木があるんでしょうね。
<< 自然との対話  ムギワラトンボ... 梅雨どきの森を行けば 食べるな... >>