<< 緊急! 映画「六ヶ所村ラプソデ... 明日の予定 (1) 北杜... >>

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう

(ノリウツギ・クリックして拡大)

1月の 北杜市地域委員会市政報告会 で「市民との対話集会を」という提言が出たのは、北杜市地域委員会設置条例 (平成16年11月1日 条例第34号)の第1条「この条例は、市民が市と恊働してより良い地域づくりを行うため及び市政が常に市民の身近にあることを保障するため、市民の意思を市政に反映しやすくするように設置する地域委員会に関し、必要な事項を定めるものとする」の趣旨を広く一般市民にも理解してほしいと願ってのことだったと思う。
委員会発足からすでに18ヶ月余が経過した現在、私が今年のお祭りで耳にしたように 地域委員への手厳しい声 がどこの町で上がっていても不思議ではない。「1800万円もの金の使途を知らせないとはおかしい」という批判に、誰がどう答えるべきなのか。
その折、地元の区には報告している委員もいることを知った。私はそれを聞いて以来、残り4ヶ月半となった任期中に何をすればよいのか、と考えている。

私は地区ではなく、新規転入者で構成される 自治会 に入っている。この自治会はゴミの捨て場がなかった当時、役場と交渉の末に結成されたゆるやかな組織である。次回は、一自治会員としての視点で「市民との対話」について語ってみたい。  
[PR]
by mukai-message | 2006-08-08 18:05 | ○市民・地方自治・・・
<< 緊急! 映画「六ヶ所村ラプソデ... 明日の予定 (1) 北杜... >>