<< 北杜市の「市民と語る集い」につ... 緊急! 玉穂町談合事件の住民訴... >>

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう 6 市民が望む対話集会の行方は

ウバユリ・クリックして拡大)

昨夕NHKニュースで明野の処分場予定地の地盤を独自に調査したグループが、県に再調査を願い出たことが報道された。県では、調査は済んでいるとしながらも、それを受け入れたという結びだったので、今後注目したい。
 
「浅尾の予定地が最適地」という県側の結論には、客観的な資料提示や検討経過の説明責任が果たされないまま今日に至っている。「不透明」と言われる由縁である。
「地域委員会市政報告会に於いても説明は済んだ」と言われても、昨年 7.7北杜市地域委員会市政報告会(於高根ふれあい交流ホール)で行われた説明とは、事前に内容が通知されず、(恐らく明野以外の)出席者にとっては「ぶっつけ本番」で行われたものだ。それと知っていれば、十分準備の上質疑応答に臨みたかった委員もいただろう。この様に、不透明さがつきまとう胡散臭さプンプンの事業だと評されても仕方があるまい。
  参考記述 明野廃棄物最終処分場は明野だけの問題か? 1/2
  参考記述 明野廃棄物最終処分場は明野だけの問題か? 2/2

さて、8月8日(火)の山日新聞に「明野処分場『公開説明会の実現を』高根・小淵沢の住民グループ、市長に再び要望」という記事が載った。
高根、小淵沢地区などの住民でつくる「北杜みらいネットワーク」が7日(月)、北杜市役所を訪れ、市長との公開による対話集会開催を要望したというもの。公開説明会は明野地区内の反対派「明野廃棄物最終処分場問題対策協議会」も5月以降、繰り返し求めているが条件が合わずに実現していない。
「北杜みらいネットワーク」 が市幹部に提出した要望者は下欄の通りである。市側の回答は明日掲載する。また、こちらのブログ「処分場建設反対の広告」 記事にも注目されたい。




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要 請 書  北杜市 白倉政司市長 様
<明野に予定されている「廃棄物最終処分場」建設について>
北杜市民と市長の対話集会を開くことを要請します

白倉市長におかれては、日頃より住民のための市政に尽力いただき感謝いたします。
明野に建設が予定されている廃棄物最終処分場問題に関しては、2004年11月に北杜市が誕生してからは、明野村から北杜市へ引き継がれました。昨秋には、隣接する「梅之木遺跡」から、「沢へ向かう道」や「水辺の作業所」などが発見され、全国的に見ても前例のない貴重な遺跡と言われています。しかし、建設に反対の意思を表明している明野住民と県・市との話し合いは並行線のままであり、一方、明野住民の中でも建設に賛成している人たちから、6月5日付で、「反対はごく一部であること、すでに現建設地には賃貸料が支払われていること」といった内容のチラシが配付されました。このような対立が解消されないまま、9月着工とも言われる建設事業が進められることは、新しい北杜市の将来に決してプラスにはならず、北杜市民全体にとっても不幸なことではないでしょうか。
明野地区住民だけの利害に関わる問題だとなれば、地区以外の私たちが口を挟む余地はないかも知れません。しかし、ことは私たち全市民の生活や子どもたちの未来に大きく影響するゴミ処理と環境保全の問題です。にもかかわらず新市になってから現在まで、明野以外の北杜市民に対しては、一度も市の説明会は開催されていません。これは、考えてみれば不思議な事です。
6月8日に市は、県および整備事業団と「公害防止協定」を締結しました。市の広報誌7月号に条文が掲載されましたが、廃棄物の受入れ基準、放流水の水質基準などの明記はありません。この協定書によって、どのように具体的に“公害防止および地域住民の生活環境の保全”が図られるのか、市から住民への十分な説明が求められます。さらに、今年4月1日に施行された北杜市環境基本条例の「自然との共生、良好な環境の将来の世代への継承、循環型社会の構築」という理念に合致しているか、についても市民としては関心があるところです。
以上の観点から、市民の安全な暮らしを守る責務を負う市長に、経緯を含めて詳しい報告および説明をぜひお願いしたいと思います。地域の環境問題、ゴミ問題の解決には、行政と市民との連携・協働が欠かせません。開催にあたっては、市の主張も十分聞いた上で、市民としてのビジョンを提案するなど、対立ではない意見交換ができるような対話集会の形が望ましいと考えます。
先月7月26日には、「市長と語る集い」と題した市民集会が武川地区で開かれました。今後、同じものが市内全地区で予定されていると聞きます。しかし残念なことに、この集会に参加できるのは地元の各種団体の代表者に限られています。一般住民には開催日すら知らされていません。
先に発表された「行政改革大綱」の中に「市民に信頼される開かれた市政運営を行っていくためには、市民と行政がまちづくりのビジョンや情報を共有し、対話できる環境を整備する必要がある」とあります。私たちの望んでいる対話集会は、まさに市の方針に提示されている、市長と市民が対等な立場で自由な意見交換ができる場です。市長にはまず自ら率先して「開かれた市政運営」を実践する姿勢を対話集会で示していただきたいと思います。 (要請者名省略)
[PR]
by mukai-message | 2006-08-18 15:33 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)
Commented by Summer at 2006-08-18 23:38 x
文中リンク、どうもありがとうございました。

NHKニュースの件は初耳でした。これは今後の動向に注目ですね。
県実施のアセス調査の不備は、生態調査に関しても耳にしているので、ぜひともこちらもまたやり直して欲しいものです。
Commented by mukai-message at 2006-08-19 17:35
Summerさん 回答の中身は「案の定」でしたが、せめてもなのかスピーディーでした。これからは県の動向を冷静に見守りましょう。
Commented by 山梨評論 at 2006-08-19 19:06 x
環境首都&幸住県山梨を標榜している山梨県が、実はどうしようもない官尊民卑の旧弊に囚われている。
当方では明野問題は2003年知事選の時の大きなテーマのひとつにしていましたが、すでにさじを投げかけていて、そんな時に、最近になってホームページやブログで活発な意見が交わされるようになった事を喜びます。
消えていたと思っていた明野対策協議会のホームページの復活も確認できたし、全くインターネットは市民の武器です。
本来なら行政こそインターネットを武器として安上がりできめ細かな情報発信ができるはず。それに馴染めない人々に教えてさしあげることも、山梨得意のボランティア活動として民活の促進になるのに、彼等の視線がどこを向いているのか。
次の山梨県知事こそが大切だと思っています。千葉県知事の堂本さんのようにはいかなくても、ネットワークの価値を実感している人が必要じゃないですか。
Commented by mukai-message at 2006-08-20 17:04
山梨評論さん コメント有難うございました。市民活動をしていると痛感するのですが、「官尊民卑」はたしかに山梨の特徴の一つですね。その弊害は、ピンは大事業の決定プロセスからキリは役所窓口の対応まであらゆる処に見受けられると思います。もっとも「やる気のあるお役人も多いですが」と付け加えておきましょう・・・。
私も、インターネットが今後ますます普及することにより、官民ともどもの体質が改善されることを期待しています。もっとも「インターネットは市民の道具」とかいう言い方をする方を好みますが(笑)。
<< 北杜市の「市民と語る集い」につ... 緊急! 玉穂町談合事件の住民訴... >>