<< 緊急! ワークショップのお知ら... ワーク・ライフ・ バランス「働... >>

秋の七草ーーしみじみ感じる十月の高原 と 北杜流議会傍聴の関係

山上憶良が「芽之花 乎花葛花 瞿麦之花 姫部志 又藤袴 朝皃之花」とうたった秋の七草。
これら萩の花、尾花(をばな)、葛花(くずはな)、なでしこの花、をみなへし、また 藤袴(ふぢはかま)、朝顔の花のうち、いくつ身近に見かけましたか。

私はーーフジバカマを除くすべてを観察しましたが、オミナエシは自生種でなく庭で種から育てたものです。「朝顔の花」とは、キキョウ、ムクゲ、ヒルガオなど諸説あるようですが、いずれも地域で目にします。ただし 野生のキキョウ は少なく、フジバカマ同様稀少植物になってしまったようです。
 *~* もし今も大都会に暮していたら、季節の草花も、山上憶良さんのこともまったく思い出さずに、生温かい街の夕風に季節の変化を嗅ぎとっていたのだろうか。

   

さて、ここで議場の紹介です! 明日3日と5日は 一般質問 の日。議会への行き帰りの道端で秋の七草を探したりなぞして北杜流議会傍聴に楽あり ーー としてみたい。明日は お天気 も上々のようですから。
(左写真の右手が市庁舎入口。奥に見える左の建物が議場  右写真は議場入口 ) − 写真はクリックすると拡大します −
[PR]
by mukai-message | 2006-10-02 12:09 | ○市民・地方自治・・・
<< 緊急! ワークショップのお知ら... ワーク・ライフ・ バランス「働... >>