<< 北杜市議会傍聴 感想文 「傍聴... 秋の七草ーーしみじみ感じる十月... >>

緊急! ワークショップのお知らせ〜貧困削減に向けて、政府と市民社会はどう対話したのか

「2005年グレンイーグルズサミットからなにが学べるか」

 *~* 北杜市でもあちこちで「市民の自発性」「官民の恊働」という言葉を耳にする今日この頃、たまには同じテーマで海外に目を向けてみるのはいかがでしょうか。以下、本日届いたお知らせです。

『2008 年日本で開催されるG8 サミット、TICADⅣに向け、市民社会として何ができるかを、貧困削減がテーマの2005 年英国グレンイーグルズサミットに関わった英国政府、NGO のスタッフの報告をもとに議論します』

日時 2006 年10 月14 日(土) 9:30〜12:30
場所 JICA 地球ひろば3F 講堂(渋谷区広尾4-2-24)JICA 地球ひろば地図

スケジュール
9:30〜 開会の挨拶
9:45〜 政府NGO 間の開発に関する政策協議と協働について(通訳付き、質疑応答含)
    ゲストスピーカー:1. Melanie Speight 英国海外開発省
              (Department for International Development)
             2.Martin Drewry Health Unlimited(前職Christian Aid)
             3.Zabdiel Kimambo Tanzanian NGO Policy Forum/CARE
              International in Tanzania
10:45〜 休憩
11:00〜 2005 年の一般向けキャンペーン(通訳付き、質疑応答含)
     ゲストスピーカー: 1.Alison Marshall イギリス海外開発NGO 協会(BOND)
               2.林 達雄 ほっとけない 世界のまずしさ
12:30 閉会の挨拶

お申し込み方法 
下記メールアドレス宛に、お名前、ご所属を明記の上、件名を「シンポジウム参加希望」としてお申し込み願います。その他、お問い合わせについても、同様のメールアドレス宛にお願いします。jicata-shimintf@jica.go.jp(担当:神藤、藤野)

定員 100 名
定員を超えた場合は、先着順とさせていただきます。参加可否については、メールにて返信いたします。

シンポジウム実行委員会 
英国大使館/英国海外開発省(DFID)、国際協力機構(JICA)、国際協力
NGO センター(JANIC)、ほっとけない 世界のまずしさ、TICAD 市民社会フォーラム(TCSF)
[PR]
by mukai-message | 2006-10-03 18:29 | ▷市民・議会・地方自治 | Comments(2)
Commented by 平成枯れすすき at 2006-10-03 20:41 x
そういえば、ワークショップって北杜市でも始めてますよね。そうか、行政向けひな形ってこういうところから来てるのか、となんとなく納得した次第です。
Commented by mukai-message at 2006-10-04 11:45
枯れすすきさん ワークショップの本場はーー日本であるわけないでしょうね、だいたい名前からして(笑)。行政と市民が意見交換するという「伝統」は今までなかったのですから、新しい入れ物が必要になったのでしょう。上手に運営してほしい!
<< 北杜市議会傍聴 感想文 「傍聴... 秋の七草ーーしみじみ感じる十月... >>